ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 人事課 > 夏の朝型勤務(ゆう活)を試行します

夏の朝型勤務(ゆう活)を試行します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月1日更新

試行の趣旨

 今後、職員1人1人が長期間にわたる復興業務にしっかりと取り組んでいくためには、知事によるイクボス宣言や、「福島県職員男女共同参画推進行動計画」を踏まえ、長時間労働の是正といった働き方改革を行い、男女ともにワーク・ライフ・バランスを推進することが重要です。

 このため、職場環境を整備する目的で、夏の朝型勤務(ゆう活)を試行します。

 県民のみなさまには、ご理解とご協力をいただけますよう、お願いいたします。

「ゆう活」とは?

 日照時間が長い夏に、朝早い時間に仕事を始め、早めに仕事を終えることで、まだ明るい夕方の時間を有効に活用し、生活を豊かにしようという取組です。

 試行期間

  平成29年7月1日から9月30日まで

  ※ 実施日は職員により異なります(全職員一斉に勤務時間を変更するものではありません)

試行内容

  「ゆう活」を実施する職員の勤務時間を以下のとおり前倒しし、原則定時に退庁します。

   8時30分から17時15分まで → (1) 7時30分から16時15分まで または

                       (2) 8時00分から16時45分まで

  ※ 勤務時間は職員によって異なります(いずれも休憩時間は12時から13時まで)。

  ※ 開庁時間はこれまでと変わらず、8時30分から17時15分までです。

対象職員

  知事部局の全職員のうち、希望する職員のみ。ただし、以下の職員は原則として対象外です。

   ○ 交替制勤務職員(パスポートセンター、児童相談所、療育センター、福島空港事務所など)

   ○ 臨時・非常勤職員   など

  このほか、各所属の判断により、窓口対応職員などを対象外とすることもあります。 

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。