ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 相双地方振興局 > いいたて村までいの星空観測会

いいたて村までいの星空観測会

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月18日更新

星空観測会を開催しました。

 平成29年10月21日(土曜日)に、飯舘村で星空観測会を実施しました。当日は、台風が接近しており、天候が雨だったため、残念ながら屋外でのオリオン座流星群の観測会はできませんでした。しかしながら、屋内での工作ワークショップ、移動式プラネタリウムを使用した星空解説、そして、月探査についての講演は、予定どうり開催され、32名の方に出席いただきました。雨の中、参加していただきありがとうございました。
 なお、11月18日(土曜日)の1時00分頃は、しし座流星群の観測が最適な日となっているそうです。
星空1    星空2

星空5    星空6

星空3    星空4

いいたて村までいの星空観測会を開催します!

~までいの星空でオリオン座流星群に願いをこめて~

大パノラマで星空をながめよう!

星空や宇宙に興味がある方(子どもたち、家族、友人、カップルなど)いいたてに集まれ~

星空
飯舘村の星空 撮影:三浦健児(相双地方振興局)

飯舘村は、復興拠点として道の駅がオープンするなど、新たなみちを通じたつながりのある交流が期待されています。10月21日(土曜日)は、オリオン座流星群の観測が新月に近く、月明かりがないため期待大とされていることから、下記により実施しますので、ぜひお越しください。
なお、第2部のきこりでは、いいたて村の道駅までい館の御協力により特製豚汁、おにぎり、オードブルなどを振る舞います!

1 主催
  相双地方復興ツーリズム推進委員会、相双地方振興局

2 日程
  平成29年10月21日(土曜日)17時から21時(雨天決行)   

3 場所
  1部 いいたて村の道の駅までい館(17時から 工作ワークショップ、星空観測会)
     防寒対策をお願いします。
  2部 飯舘村宿泊体験館きこり多目的ホール(19時から 移動式プラネタリウム、スペシャル講演)
     ちょっとした振る舞い

4 講師
(1)会津大学企画運営室兼先端情報科学研究センター准教授 寺薗 淳也 先生 
  1967年東京都生まれ。名古屋大学卒。東京大学大学院博士課程中退。宇宙開発事業団、宇宙航空研究開発機構、(財)日本宇宙フォーラムを経て、現在会津大学企画運営室および先端情報科学研究センター准教授。専門は惑星科学、情報科学。月・惑星探査を中心とした情報システムの構築などを専門としている。また、月・惑星探査の普及啓発などにも努めている。著書は『惑星探査入門』(朝日新聞出版、2014年)など。

(2)Starring★f 代表 杉中 慎 先生
   スタジオスターリング・エフ代表。現在、福島県福島市在住、40 歳。千葉工業大学工学修士(電気工学)。北海道生まれ。日本科学未来館(東京都江東区)でインタープリター(展示解説員)、福島市子どもの夢をはぐくむ施設「こむこむ」(福島市)の専門スタッフ(プラネタリウム解説員)を経て、現在は独立し、Starring Planetarium 代表。2011 年の震災を経験する。どん底から5 年。2016 年8月から移動式プラネタリウム事業を始める。プラネタリウムを通して、東北や全国に夢と希望を届け、「上を向いてもらう」活動を展開中。

5 スケジュール
(1)17時から   工作ワークショップ
(2)18時から   星空観測会(屋外)
~道の駅までい館から、宿泊体験館きこりに移動~
(3)19時から移動式プラネタリウム
(4)スペシャル講演
  2017年、月探査が熱い!いま、世界はふたたび月をめざす~
  寺薗先生

6 申込
  申込書 [PDFファイル/299KB]

  チラシ [PDFファイル/1月04日MB]

  次第 [PDFファイル/72KB]

  第2部会場きこりまでの地図 [PDFファイル/148KB]

チラシ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。