ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域振興課 > 第1回「ふくしま地産地消大賞」の受賞者について

第1回「ふくしま地産地消大賞」の受賞者について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月22日更新

第1回「ふくしま地産地消大賞」の受賞者について

    
                                                                                
  県では 県産品の消費拡大、再生可能エネルギーや観光施設の利用拡大など、県政のあらゆる分野で「地産地消」を推進していますが、その一環として、平成27年度、地産地消の推進に関する優れた取組実践者を表彰する「ふくしま地産地消大賞」を創設し、このたび、第1回受賞者について下記のとおり決定しました。

知事賞

○ 鮫川村学校給食センター(鮫川村)

    テーマ:「『地産地消』『旬菜旬食』の給食づくり」

    分 野:県産食材(学校給食)

優秀賞

○ 有限会社とまとランドいわき(いわき市)

  テーマ:「いわき市産ハウストマトの信頼確保と加工販売による規格外品の有効活用」

    分 野:県産食材、再生可能エネルギー(農業)

○ 株式会社山際食彩工房 代表取締役 山際博美(会津若松市)   ※個人受賞

  テーマ:「地域を活性化させるためには足元を見つめ直し、地域の方々とともに行う活動が一番大切。そのために真摯に立ち向かい、地元から活動を広げていく。 」

   分 野:県産食材(六次化)

○ 株式会社元気アップつちゆ(福島市)

  テーマ:「温泉活用によるまちづくり」

    分 野:再生可能エネルギー(地域づくり)

○ 株式会社栄楽館ホテル華の湯(郡山市)

  テーマ:「日本の伝統文化が求心力。旅館が主役で 日本を元気に!ふくしまを元気に!」

    分 野:県産食材(旅館業)


平成28年3月25日に知事室において「第1回ふくしま地産地消大賞表彰式」を開催しました。

二本松市上川崎地区の上川崎和紙を使用した賞状授与のほか、副賞として大堀相馬焼絵皿、会津塗の屏風時計を贈呈しました。

 集合写真

大賞 鮫川学校給食センター

受賞者懇談