ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域振興課 > 「明治150年」関連施策

「明治150年」関連施策

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月15日更新

「明治150年」関連施策

 平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して満150年の年に当たります。
 明治150年をきっかけとして、明治以降の歩みを次世代に遺すことや、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは、大変重要なことです。
 このため、「明治150年」に向けた関連施策を推進することとなりました。

1 内閣官房「明治150年」関連施策推進室

 内閣官房「明治150年」関連施策推進室

2 県の関連施策 

県の関連施策
施策施策の概要実施年
県立博物館における企画展
「戊辰戦争150年」
(平成29年度事業名:戊辰戦争資料の研究)
県立博物館において、我が国の政治体制の転換点となった戊辰戦争をテーマに戦争の実像と戦後の復興過程を学ぶための企画展「戊辰戦争150年」を開催するため、関連資料の調査を行った。29
「南会津戊辰歴巡図」の作成南会津地方の「戊辰戦争」関連情報を掲載したリーフレット「南会津戊辰歴巡図」を作成し、平成29年10月から県内外(首都圏や新潟県等)で情報発信を行っている。29
県立博物館における企画展
「戊辰戦争150年」
県立博物館において、我が国の政治体制の転換点となった戊辰戦争をテーマに戦争の実像と戦後の復興過程を学ぶため、企画展「戊辰戦争150年」を開催する。30
「知られざる”南会津”戊辰セミナー」 ~150年たった今、戊辰戦争が南会津に遺したものを考える~平成30年1月20日、只見振興センターにおいて、セミナー形式で南会津地方における戊辰戦争関連の情報を発信した。
来場者 200名
30
南会津×しらかわ“冬の2大イベント”を巡るモニターバスツアー大内宿(下郷町)、小峰城(白河市)等において、平成30年2月10日から11日に、県南地方の「白河だるま市」、南会津地方の「大内宿雪まつり」という冬の代表的なイベントと戊辰戦争ゆかりの地を巡るモニターバスツアーを実施し、SNS等で情報発信・拡散させる。30
「SAMURAI SPIRIT TOURISM」創出事業県内で150年前から受け継がれる「サムライ スピリット」を体感・体験できるコンテンツを創出。
創出したコンテンツを外国人目線で動画化し、デジタルプロモーションを実施し、欧米を中心とした外国人旅行客の誘客を図る。
また、県内のコンテンツ提供地域が連携し、面での情報共有による受入体制強化を行う。
30

3 県内市町村の関連施策 

県内市町村の関連施策
市町村名施策施策の概要実施年
二本松市二本松少年隊顕彰祭・墓前祭7月28日に霞ケ城公園において、二本松少年隊顕彰祭を開催し、市内各小学校により舞踊や剣舞等が披露された。また、7月29日に大隣寺において、二本松少年隊墓前祭を開催し、二本松少年隊の供養塔の前で焼香や少年隊作文コンクールの最優秀賞受賞者の表彰等を行った。29
二本松少年隊顕彰祭・墓前祭市内各小学校により舞踊や剣舞等が披露される。また、供養塔の前で焼香や少年隊作文コンクールの最優秀賞受賞者の表彰等を行う。30
企画展「戊辰150年・二本松藩」歴史資料館において、二本松藩の歴史と戊申の役をテーマとし、戦乱に向かう当時の二本松の様子を含め、残されている貴重な資料を中心に展示・公開する。また、同様のテーマで歴史講演会を開催する。30
現代版「二本松少年隊」プロモーション活動現代版「二本松少年隊」の活動を通じて、戊辰戦争期に戦った二本松少年隊の歴史を始め、二本松市の魅力を発信する。30
「二本松の菊人形」戊辰関係展示「二本松の菊人形」にて二本松藩の戊辰の役での史実を菊人形の場面等で再現する。30
郡山市郡山市開成館企画展「大久保利通と安積開拓」(仮)平成30年は、大久保利通の没後140年目となる。明治維新後に近代国家への転換を目指し、内務卿として様々な事業を展開した大久保利通と、安積開拓との関わりについて紹介する。※日本遺産認定ストーリー「未来を拓いた「一本の水路」ー大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代ー」関連事業30
郡山市歴史資料館企画展「戊辰戦争と郡山 ~地方文書を中心に~」(仮)郡山地方が戊辰戦争の戦火の中から起き上がり、明治10年迄にその発展の基礎を築き上げたことを地方文書から探り、分かりやすく紹介する。
※日本遺産認定ストーリー「未来を拓いた「一本の水路」ー大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代ー」関連事業
30
三春町歴史民俗資料館展示事業奥羽列藩同盟に組しながら官軍に恭順した三春藩の政策形成について、当時の記録から振り返るとともに、そこから芽生えた自由民権思想について検証する。30
白河市戊辰戦争白河口の戦い紹介映像制作戊辰戦争において白河とその周辺で発生した戦闘(白河口の戦い)について、現在の研究に基づいた学術的見地から、白河と戊辰戦争に関して分かりやすく紹介し、広く情報発信を行うとともに、観光等の誘客に繋げるための映像を作成する準備を行った。29
白河戊辰戦争記念誌作成白河戊辰戦争に関する資料をまとめた150周年記念誌の作成を行った。29
戊辰関連展示事業マイタウン白河において、松平容保や西郷頼母などの作品のレプリカを展示するに当たり、展示物の作成を行った。29
白河戊辰150周年記念マンガ本作成次代を担う小・中学生等に、白河戊辰戦争を知ってもらうためのマンガ本作成の準備を行った。(3月完成予定)29
「戊辰史跡めぐり」チラシ作成戊辰戦争時の白河の人々の慰霊の心を知ってもらうため、白河戊辰戦争に関わりのある慰霊碑や寺院等について、まち歩きマップの作成を行った。(1月完成)29
カフェで歴史を語る夜6月30日、8月4日、10月13日及び12月1日に、コミュニティカフェ「EMANON」において、戊辰150周年の機運を高めるため、参加しやすいカフェで、分かりやすい、戊辰関係講話会を開催した。29
戊辰戦争歴史探索ツアー11月19日(日)に、戊辰150周年の機運を高めるため、県内のいわき市の戊辰関連史跡(平城、平城下)をめぐるツアーを開催した。
参加者20名
29
戊辰150周年記念講演10月25日(水)に白河文化交流館「コミネス」及び11月26日(日)には棚倉町文化センター「倉美館」において、白河戊辰150周年の機運を盛り上げるため講演会を開催した。コミネスにおいては元NHKアナウンサーの松平定知氏を、倉美館においては地元出身の大学講師の穂積忠氏を講師に招いた。29
戊辰戦争白河口の戦い紹介映像制作戊辰戦争において白河とその周辺で発生した戦闘(白河口の戦い)について、現在の研究に基づいた学術的見地から、白河と戊辰戦争に関して分かりやすく紹介し、広く情報発信を行うとともに、観光等の誘客に繋げる。制作した映像は、白河市内の公共施設等で上映するとともに、若い世代に市のたどった歴史を伝える。30
白河戊辰戦争記念誌作成白河戊辰戦争に関する資料をまとめた150周年記念誌を発行する。「通史編」、「史料編」、資料、写真、年表、地図等で構成し、白河戊辰戦争の内容を次代に伝える。30
戊辰関連展示事業マイタウン白河において、松平容保や西郷頼母などの作品のレプリカを展示する。30
白河戊辰150周年記念マンガ本作成次代を担う小・中学生等に、白河戊辰戦争を知ってもらうため作成したマンガ本を、歴史を学ぶ小6・中2に配布し、白河戊辰戦争について学習する。(3月完成予定)30
特別企画展事業白河戊辰戦争150周年に合わせ、企画展を開催する。30
白河戊辰戦争番組企画制作福島県内において、戊辰戦争における白河の地の歴史的意義を再検証し、先人の功績を学ぶとともに、知られざる戊辰戦争ゆかりの地との交流を紹介するテレビ番組を企画・放送し、白河地域の歴史・文化的価値を広く伝える。(3月放映予定)30
「戊辰史跡めぐり」チラシ作成白河戊辰戦争に関わりのある慰霊碑や寺院等について、まち歩きマップを作成し、戊辰戦争時の白河の人々の慰霊の心を知ってもらう。(1月完成)30
萩~白河 子ども心のふるさと交流事業戊辰戦争時は敵対関係であったが、死者を供養するため白河の領民と長州兵士が一緒に踊った「白河踊り」が萩市に根付いていることから、戊辰150周年を契機に、次世代による交流を行い、地域を再確認し、白河市と萩市の更なる交流を図る。30
旧脇本陣柳屋旅館建造物群(蔵座敷)活用事業新撰組の齋藤一と隊士が宿泊した縁があることから、関連資料の展示等を行う。30
舞台「影向(ようごう)のボレロ」公演白河戊辰戦争に関連した舞台「影向のボレロ」公演を開催する。30
白河戊辰150周年記念事業1月から戊辰150周年の機運を高めるため、町中にフラッグ・のぼり旗を設置するとともに、新白河駅構内にPR看板を設置。また、イベント等で着用する陣羽織を作成。更には、市内循環バスに白河戊辰に関するラッピングを行う。30
白河戊辰戦争ツアー合同慰霊祭に参加した方等を対象に、白河市内の戊辰関係慰霊碑や寺院を回り、東西両軍わけ隔てなく弔い、現在も香華を手向けている仁のこころを感じてもらう戊辰の地ツアーを開催する。30
「甦る仁のこころ」合同慰霊祭戊辰戦争関係行政団体等を招き、東西両軍を分け隔てなく弔った白河の地で、白河戊辰戦争で亡くなった方を慰霊する合同慰霊祭を開催する。30
白河戊辰戦争基調講演・シンポジウム戊辰戦争の意義や戊辰戦争における白河の地の歴史的意義の再検証をするため、講演会及びシンポジウムを開催する。30
白河戊辰平成全国ラーメン合戦戊辰戦争に触れる機会が少ない方たちにも、戊辰戦争に興味を持ってもらうため、白河ラーメンの人気上昇とも絡め、全国の戊辰戦争の関係地域を一堂に会したラーメンイベントを開催する。30
中山義秀顕彰会文学講演会慶応戊辰戦争関連の講演を開催する。30
棚倉町戊辰150周年記念講演平成29年11月26日に、棚倉町文化センター「倉美館」(白河市にも記載あり)において、戊辰戦争150周年の意義等について広く周知するため、戊辰戦争に関する講演会を開催した。29
戊辰戦争資料の展示平成29年10月7日、棚倉町文化センターにおいて開催した「町まるごとミュージアム事業ー奥州棚倉藩評定ー」の会場で、戊辰戦争時の棚倉藩士に関わる資料を展示した。29
戊辰150周年を記念した特別映像制作戊辰150周年を記念した特別映像を制作し、PRする。
※平成30年3月完成、5月放映
29
戊辰150周年のPR用ウェブサイト制作会津における戊辰戦争や先人の活躍などを紹介するウェブサイトを制作し、戊辰150周年をPRした。(平成29年11月公開)29
講演会・文化財展示棚倉城と棚倉藩の武士道を取り上げ、町民にとっての戊辰戦争の意義について、講演会の開催と関連文化財の展示を行う。30
会津若松市戊辰150周年のPR用ウェブサイト制作平成29年11月から会津における戊辰戦争や先人の活躍などを紹介するウェブサイトを制作し、戊辰150周年をPRする。30
戊辰150周年キックオフシンポジウム平成30年1月28日に平成30年の戊辰150周年の幕明けを記念し、歴史シンポジウムを開催する。30
「オペラ白虎」プレコンサート平成30年2月14日に白虎隊の逸話をオペラ化した「オペラ白虎」の平成30年上映に向けて、プレイベントとしてステージトーク・ミニコンサートを開催する。30
市内展示施設周遊ラリー平成30年4月から会津若松市内の歴史展示施設において、「戊辰戦争」に関連した歴史資料を展示。その施設の周遊を促すクイズラリーを実施する。30
戊辰150周年を記念した特別映像制作戊辰150周年を記念した特別映像を制作し、PRする。
※平成30年3月完成、5月放映予定
30
戊辰150周年記念
広域連携歴史シンポジウム
平成30年5月(予定)に奥羽越列藩同盟に関係する自治体による広域連携シンポジウムを開催し、奥羽越列藩同盟の歴史的顕彰、そこに活躍した先人たちの顕彰を行う。30
「オペラ白虎」公演平成30年7月28日、29日に白虎隊の逸話をオペラ化した「オペラ白虎」を公演する。30
戊辰150周年記念式典平成30年9月22日に戊辰150周年を記念して、会津の歴史認識の再確認と先人顕彰を目的とした記念式典を開催する。30
喜多方市喜多方市人づくりの指針探訪ツアー喜多方の偉大な先人である瓜生岩子刀自の足跡を巡り、現地を訪れ先人の教えを学ぶことで、人材の育成、青少年の健全育成を目的とした「喜多方市人づくりの指針」の啓発を行うとともに、体験活動を通して「人づくりの指針」について、家庭でも話し合う機会とする。30
猪苗代町ふりかえる母成峠の戦いとその陣跡~戊辰戦争150年を迎えるにあたって~平成29年12月10日に、明治150年(戊辰戦争150年)を前に情報発信として、猪苗代町体験交流館において、戊辰戦争の歴史及び戊辰戦争の関連遺構について、講演会を開催した。29
戊辰戦争150周年記念事業戊辰戦争150周年を記念し、母成峠、猪苗代城跡、土津神社等関連施設にノボリ旗を掲げ、戊辰戦争の歴史的意義の再確認のきっかけとする。30
只見町奥羽越列藩同盟と加茂軍議 講演会新潟県加茂商工会議所主催。町は後援およびスタッフ提供。
平成29年7月23日に、只見振興センターにおいて、河井継之助と只見・加茂の関わりを長岡市河井継之助記念館 稲川明雄館長に講演していただいた。
29
奥会津只見戊辰150周年記念 継之助ウォーク平成29年9月24日に、河井継之助と長岡藩主一行が只見町内を歩いた行程を散策するウォーキングイベントを開催した。29
史跡案内標柱の設置只見町内の戊辰戦争にかかる史跡16ヶ所に案内標柱を設置した。H29.10月建立29
知られざる「南会津」戊辰セミナー只見振興センターにおいて、南会津の戊辰に焦点を当て、戊辰戦争が南会津に与えた影響や関わった人々の想いなどを紹介する。講演、パネルディスカッション等を行う。H30.1.20開催予定。30
第46回只見ふるさとの雪まつり只見町役場裏において、戊辰150周年をテーマに雪まつりを実施する。会場内において各種記念企画を実施する。H30.2.10・11開催予定。30
戊辰ガイドブックの作成只見町内の戊辰戦争の史跡を巡るためのガイドブックを作成する。H30.3作成予定。30
河井継之助記念館企画展河井継之助記念館において、戊辰150周年を記念した企画展を開催する。平成30年4月から開催予定。30
講演会・シンポジウム講師を招き戊辰にかかる内容で実施する。30
いわき市いわきの「戊辰戦争」~明治新政府軍と奥羽越列藩同盟軍の戦い~いわきの地での「戊辰戦争」の経緯や状況を学ぶ講座を実施した。・実施日 H29 7/20,8/2,8/23,9/13,9/21,10/4
・受講人数延べ758人
29
いわき歴史探訪(1)磐城の戊辰戦争~新政府軍上陸から七本松の戦いまで~平成29年7月1日に、いわきの戊辰戦争ゆかりの地を巡るバスツアーを実施した。参加人数20人29
いわき歴史探訪(2)磐城の戊辰戦争~終結の地“磐城平城”周辺と縁の寺院を訪ねる~平成29年7月29日に、いわきの戊辰戦争ゆかりの地を巡るバスツアーを実施した。参加人数20人。29
いわきの「戊辰戦争」(仮)いわきの地での「戊辰戦争」の経緯や状況を学ぶ講座を実施する。30
いわきの戊辰戦争ゆかりの地を巡るバスツアー(仮)いわきの戊辰戦争ゆかりの地を巡るバスツアーを実施する。30
戊辰150周年記念事業(1)記念講演会(仮)米沢藩現当主を講師とした講演会を開催する。30
戊辰150周年記念事業(2)
戊辰関係資料の展示会(仮)
戊辰戦争の関連資料の展示会を実施する。30
戊辰150周年記念事業(3)歴史講座(仮)いわきでの戊辰戦争の経緯や状況を学ぶ講座を開催する。30
戊辰150周年記念事業(4)
「戊辰150周年といわき」展(仮)
いわきでの戊辰戦争について学ぶパネル展を開催する。30
戊辰150周年記念事業(5)戊辰戦争/安藤信正をテーマとした市民朗読劇の作成・上演戊辰戦争/安藤信正をテーマとした市民朗読劇を製作し、上演する。30
いわきの「戊辰戦争」の裏側に迫る~新政府軍の平潟上陸と九面の戦い~平成30年1月24日、2月7日及び2月21日にいわきの地での「戊辰戦争」の経緯や状況を学ぶ講座を開催する。30
地域学「たいら学」
テーマ:戊辰戦争と磐城平
地域を学ぶ講座(全5回)のうち平成30年1月27日及び2月3日の2回を戊辰戦争をテーマとした演題に設定。いわきの地での「戊辰戦争」の経緯や状況を学び、うち1回はまち歩きを実施する。 30
 

4 県内団体における取組 

県内団体における取組
団体名施策施策の概要実施年
一般財団法人会津若松観光ビューロー鶴ヶ城天守閣企画展「1868年の會津藩」鶴ヶ城天守閣において、「1868年の會津藩」と題して、当時の歴史資料を展示し、會津における戊辰戦争の詳細を紹介する企画展を開催する。
※平成30年9月15日から11月5日実施
30

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。