ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > エネルギー課 > 福島空港メガソーラー事業

福島空港メガソーラー事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月10日更新

事業の目的

 「再生可能エネルギーの先駆けの地」の実現を目指す福島県において、再生可能エネルギー事業推進の中核となる太陽光発電施設を建設し、福島県復興のシンボルとします。
福島空港メガソーラー完成予想図 

事業の特長

  • 産業技術総合研究所との連携により、多種多様なパネルの長期運用・評価を実施するなど、再生可能エネルギーの事業化に必要なノウハウと経験を蓄積し、地域主導による事業化を支援します。
  • 次世代エネルギーパークの中核施設として整備し、子どもたちが楽しみながら、エネルギー、環境問題を学べる体験学習の拠点として活用します。
  • 県民参加型ファンドをモデル的に導入し、新しい産業である「再生可能エネルギーを利用した発電事業」に県民が参加し、地域に利益が還元する仕組みを構築します。

事業の概要

  • 事業主体:福島発電株式会社
  • 設置場所:福島空港敷地内(須賀川市狸森下竹ノ内、玉川村北須釜山田)
  • 設備容量:約1.2MW
  • 年間推定発電電力量:約1,179MWh/年(一般家庭1年間の約330世帯分)
  • 年間CO2排出削減量:約645t/年(東北電力株式会社平成23年度CO2排出係数:0.547t-CO2/MWh )
  • 施設面積:約2ha
  • 完成時期:平成26年4月

参考資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)