ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 2019年全国家計構造調査

2019年全国家計構造調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月25日更新

2019年全国家計構造調査(10月、11月)を実施します

2019年全国家計構造調査にご協力お願いいたします

   ■ 全国家計構造調査は、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、家計構造調査イメージイラスト
    世帯の所得分布及び消費水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的とする
    調査です。

   ■ 統計法に基づく「基幹統計調査」で、国が実施する統計調査のうち特に重要な調査となって
    います。

   ■ 1959年(昭和34年)以来、5年ごとに実施してきた「全国消費実態調査」を全面的に見直し
    て実施するものであり、2019年(令和元年)調査は、13回目に当たります。

1 調査期間

   2019年10月、11月

2 調査対象

   県内20市町村(福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、
  田村市、南相馬市、伊達市、本宮市、川俣町、西会津町、会津美里町、塙町、泉崎村、玉川村、三春町)において、
  無作為に抽出した約1,500世帯

3 調査事項

   (1)市町村調査 (「基本調査」、「簡易調査」)
      日々の家計の収入と支出、年間収入、預貯金などの金融資産、借入金、世帯構成、世帯員の就業・就学状況、
     現住居の状況(床面積、建築時期など)、現住居以外の住宅・宅地の保有状況を調査します。

   (2)都道府県調査 (「家計調査特別調査」、「個人収支状況調査」)
      「家計調査」調査対象世帯への追加調査として、(1)の調査事項の他に、「個人の判断で自由に使えるお金」の
     収支内容を調査します。

4 調査方法

   調査員が調査対象世帯に調査票を配布します。調査票の提出は、次のいずれかの方法を世帯が選択することができます。
      ア インターネット回答
      イ 紙の調査票を調査員に提出
      ウ 郵送により提出(「簡易調査」のみ)

   ただし、「家計調査特別調査」及び「個人収支収支調査」は、家計調査の調査員による回収のみとなります。                                      

5 調査日程                              

   2019年8月上旬から12月上旬までの間、調査関係書類の配布、調査票の回収等で、調査員が調査区域内の世帯を訪問します。

6 結果公表

   2020年(令和2年)11月から順次、総務省統計局が公表予定

7 活用事例

   国や地方公共団体において国民年金・厚生年金の年金額の検討、介護保険料の算定基準の検討、生活保護の扶助額規準の検討、
  税制改正に伴う政策効果の予測、所得格差・資産格差の現状把握など、重要な施策に活用されます。

   《総務省統計局ホームページ》
   統計局ロゴマーク ←(統計局 全国家計構造調査ホームページサイトへ)