ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 消費生活課 > 食品に関するリスクコミュニケーション(宮城会場)の参加者募集について

食品に関するリスクコミュニケーション(宮城会場)の参加者募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月7日更新

食品に関するリスクコミュニケーション「これまでを知り、これからを考える」 ~食品中の放射性物質~ 参加者を募集しています

 消費者庁では、各府省庁と連携して、全国4か所で食品中の放射性物質に関する意見交換会を開催します。

 東日本大震災発生における東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故を受け、食品中の放射性物質の基準値が設定され、これに基づき、出荷制限等が行われてきました。震災から8年以上が経過し、関係者による低減対策等により、現在では、基準値を超える食品はほとんど検出されなくなりました。一方で、震災直後と比べ報道等を通じ関連情報を得る機会が減り、現状を知らずに不安を抱える方もいらっしゃいます。

 そこで、この意見交換会では「これまでを知り、これからを考える」をテーマに、放射性物質の基礎知識や流通している食品中の放射性物質の現状について、専門家・行政からの情報提供を行った後、生産者、事業者等の関係者と共に、消費者の皆さんが普段の生活の中で抱いている疑問や不安について意見交換を行います。

  <題 名>これまでを知り、これからを考える ~食品中の放射性物質~

  <日 時>令和元年10 月21 日(月曜日)13時30分~16時30分

  <会 場>宮城会場 仙都会館 8階 会議室
                (宮城県仙台市青葉区中央2-2-10) 会場周辺地図はこちら

  <内 容>(1)基調講演 
            「放射線の基礎知識と食品中の放射性物質」(仮題)

         (2)行政担当による情報提供
           「食品中の放射性物質の対策と現状」

         (3)意見交換
          コーディネーター:サイエンスコミュニケーター すずき まどか 氏
               パ ネ リ ス ト:学識経験者、生産者、事業者、消費者
               質  疑  対  応:消費者庁、内閣府食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省

 なお、参加を希望される方は、インターネット、電子メールまたはFaxのいずれかの方法でお申し込みください。

 

申込先

申込方法

インターネット

 

 

 

 

 

https://form.caa.go.jp/input.php?select=1059

左記の「参加申し込み入力フォーム」に必要事項を明記の上、お申し込みください。 

電子メール

 

 

 

i.requestshoku@caa.go.jp

 

参加申込書(チラシ裏面)の参加者記入欄の項目を明記の上、左記の申込先にお送りください。

Fax

03-3219-5779

 

 

 

参加申込書(チラシ裏面)に、必要事項を明記の上、左記の申込先にお送りください。

○ 申込に関するお問合せ先

 「食品に関するリスクコミュニケーション」運営事務局  担当:菱川、森川

 Tel:03-3219-5777    E-mail:g.anzenshoku@caa.go.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)