ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 男女共生課 > 11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です

11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月6日更新

11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です

 女性に対する暴力をなくす運動アイコン
 国の男女共同参画推進本部では、毎年11月12日から25日(女性に対する暴力撤廃国際日)までの2週間を「女性に対する暴力をなくす運動」実施期間としています。

 配偶者やパートナー・交際相手からの暴力や、性犯罪、売買春、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為など、女性に対する暴力は、加害者、被害者の間柄を問わず女性の人権を著しく侵害するものであり、決して許されるものではありません。
 今年度の「女性に対する暴力をなくす運動」は、DVと児童虐待をテーマに取り上げます。詳しくは内閣府特集サイトをご覧ください。
<内閣府男女共同参画局 DVと児童虐待 特集サイト>
 http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/dv-child_abuse/index.html 
なくす運動啓発チラシ

 この運動期間をきっかけに、女性に対する暴力について考え、暴力のない社会づくりを進めましょう。

パープルリボン運動

パープルリボン   
パープルリボン運動は、国際的な女性に対する暴力根絶運動です。ねじってまるめた紫(パープル)色のリボンを身につけることで、女性に対する暴力防止を訴えます。

パープルリボン着用キビタン

〈パープルリボンを着用するキビタン〉
 この他にも全国の自治体で、期間に合わせて施設等を紫色にライトアップする「パープル・ライトアップ」運動も実施しています。
 詳しくは内閣府ホームページをご確認ください。
女性に対する暴力をなくす運動バナー

啓発事業

 福島県男女共生センターでは上記運動期間に合わせ「男女間における暴力の防止と被害者支援事業」を実施します。

《男女共生センター 男女間における暴力の防止と被害者支援事業講演会》

「虐待と愛着障害とメディア・バイオレンス~なぜ虐待は増え続けるのか~」

 日 時 令和元年11月16日(土) 13:30~15:00

 場 所 福島県男女共生センター 第3研修室(二本松市郭内1丁目196-1)

 講 師 堀 琴美さん 
        (郡山女子大学准教授、放送大学福島学習センター客員准教授、
         臨床心理士、公認心理師) 

 対 象 関心のある方

 定 員 30名

 その他 参加費無料、託児あり

【申込み】
 県男女共生センターのホームページをご確認ください。
【問い合わせ先】
 福島県男女共生センター事業課
 〒964-0904 二本松市郭内1丁目196-1
 FAX 0243-23-8314
 メール mirai@f-miraikan.or.jp

 

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。