ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 男女共生課 > 第5回福島県犯罪被害者等支援検討委員会

第5回福島県犯罪被害者等支援検討委員会

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月22日更新

第5回福島県犯罪被害者等支援検討委員会を開催しました

 検討委員会5

 以下のとおり、第5回福島県犯罪被害者等支援検討委員会を開催しましたので、お知らせします。

1 日時   令和3年12月22日(水曜日) 13時30分~15時30分
2 場所   自治会館1階 消費生活センター研修室
3 出席者 委員11名、事務局6名、オブザーバー3名 計20名
4 議題     (1)福島県犯罪被害者等支援計画(素案)について
          (2)今後の予定について
         (3)その他
5 主な意見
 ・見舞金の支給方法について、県の補助金の有無が不明で、市町村の見舞金の額が確定できない。県と市町村がどういった形で支給するのかを明確にして欲しい。また、県内で統一した形で支給方法を決定して欲しい。
 ・支援計画の進捗状況や推進状況を評価するため、指標を施策の柱ごとにいくつか項目立てして、それがどのような状況になっているかみていくべき。
 ・犯罪被害者等の精神的な影響は、被害直後だけでなく長期に渡る場合も多いので、そういった面についても普及啓発をお願いしたい。
 ・スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーで、犯罪被害者等支援について理解をしている方は少ないと思われるので、今回制定した条例を基に研修会などがあるとよい。
 ・被害に遭って残された遺族や家族などに対して、家事や子育て、介護の支援といった生活支援の一部としての支援をお願いしたい。
 ・支援の調整を行うための会議について、大規模事案や中長期的支援、事例研究、支援のシミュレーションなどを行うということだが、形式的な会議ではなく、密に連絡を取り合えるような人的関係を築くことができるような会議を設置して欲しい。
 ・SACRAふくしまの体制整備について、拠点型を目指すなどもう少し具体的に目標を書き込むべきではないか。
 ・刑事手続きに関する情報提供だけでなく、民事手続きにおける情報提供についての支援をもう少し書き込んで欲しい。

<会議資料>

  次第 [PDFファイル/40KB]

  資料1-1(福島県犯罪被害者等支援計画(素案))  [PDFファイル/1.8MB]

 資料1-2(福島県犯罪被害者等支援計画骨子案に関する委員御意見等) [PDFファイル/411KB]

  資料2(今後の予定について) [PDFファイル/96KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。