ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 災害対策課 > 【4月6日】浄土平避難誘導訓練の実施について

【4月6日】浄土平避難誘導訓練の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月30日更新

【4月6日】浄土平避難誘導訓練の実施について

1 概要

    平成28年4月6日(水)、吾妻山火山防災協議会は、吾妻山浄土平観光施設周辺において、浄土平避難誘導訓練を実施します。

    浄土平観光施設の職員を対象に、火山活動の活発化に伴い吾妻山の噴火警戒レベルが引き上げられた場合を想定した避難誘導訓練を実施し、
   4月8日(金)の磐梯吾妻スカイラインの再開通に備えることを目的とするものです。

2 日時、場所

    ・平成28年4月6日(水)午前9時50分~午前11時15分
     (取材の方は、9時40分までに浄土平駐車場に集合願います。)
    ・場所は、下図参照。
                          <4月6日浄土平避難誘導訓練実施箇所図>

     訓練図

3 主催

      吾妻山火山防災協議会

4 訓練内容

    (1)避難誘導訓練(図上訓練)
       吾妻山の火山活動が活発になった場合の職員の対応を確認するため、浄土平観光施設の職員が、平面図を使用し、
       質問形式により「浄土平火山活動対応マニュアル」に基づく対応要領を訓練する。

    (2)避難誘導訓練(実動訓練)
              浄土平観光施設の職員が、吾妻山の噴火警戒レベルが引き上げられた情報を観光客に周知し、浄土平から退避するよう誘導する訓練を行う。
      (図上訓練で確認・共有した内容を踏まえて実施)

      また、ヤフー(株)の防災速報アプリを利用した「噴火警戒レベル3引き上げ」の訓練メールを配信する。

      なお、県警ヘリや県防災ヘリにより、上空から登山者等に対し、避難を呼びかける訓練を併せて実施する。

    ※ 発煙筒の試行
               避難誘導訓練の終了後、浄土平駐車場において色付きの発煙筒を試行し、観光客等に避難を呼び掛ける手段としての有効性を実験する。

5 想定

      吾妻山の火山活動の活発化に伴い、午前10時30分、気象台は噴火警戒レベルを3に引き上げた(噴火は発生していない。)。
           気象台からの連絡を受け、福島市(危機管理室)は、浄土平観光施設に電話で噴火警戒レベルの引き上げを伝えるとともに、浄土平から観光客を避難させるよう指示した。
      また、県災害対策課からの要請を受け、県警ヘリ及び県防災ヘリは、吾妻山にいる登山者に対し、直ちに下山するよう呼び掛けを実施した。

6 防災速報アプリを使用した訓練メールの配信

      4月6日(水)午前10:30分頃、ヤフー(株)の防災速報アプリ登録者に対して、吾妻山の「噴火速報」の訓練用メールを配信いたします
     (昨年9月の訓練でも同アプリ登録者へ配信しています。)。

      是非この機会に、「Yahoo!防災速報」アプリを登録し、訓練用メールを受信いただくとともに、御家族、御友人などお近くの方々へもお知らせください。

     ※ Yahoo!防災速報アプリは、下記URL、QRコードからダウンロードできます(無料)。

        なお、今回の訓練メールを受信するには、地域の設定で「福島市」を選択する必要があります。

     バーコードリーダー URL:http://emg.yahoo.co.jp/

7 その他

         訓練当日(4月6日)は、磐梯吾妻スカイライン冬期閉鎖中のため、関係者以外は浄土平に立ち入りできません。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。