ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 災害対策課 > 令和元年台風第19号災害に伴う災害救助のために使用する車両の取扱いについて

令和元年台風第19号災害に伴う災害救助のために使用する車両の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月16日更新

1 災害ボランティア車両について

 災害ボランティア車両については、本県等の要請に基づき、有料道路の無料措置が実施されています。詳細は下記のリンク先をご覧ください。

 ≪東日本高速道路株式会社:https://www.e-nexco.co.jp/road_info/important_info/h31/1015/

 料金無料措置が講じられる有料道路は、下記2ー(2)のとおりです。

 ※急な雨天等でボランティア活動が中止になった場合の無料措置の取扱いは、個別にボランティアセンターにお問い合わせください。

2 自治体からの要請等により災害救助のために使用する車両について

 令和元年台風第19号災害に伴う救援・救助、被災地支援のために使用する車両に対して、「災害派遣等従事車両証明書」を発行します。本証明書を料金所に提出いただくことにより、各高速道路会社が管理する有料道路の料金無料措置が講じられます。
 詳しくは、以下のとおりです。

(1) 対象車両

 (ア)自治体等からの要請により、被災者の避難所または被災した県・市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)へ救援物資等を輸送するための車両

 (イ)自治体等からの要請により、被災地の復旧・復興にあたるための物資、人員等を輸送するための車両

 (ウ)自治体が災害救助のために使用する車両

(2) 料金無料措置が講じられる有料道路

 以下の道路管理会社が管理する道路

 1 東日本高速道路株式会社
 2 中日本高速道路株式会社
 3 西日本高速道路株式会社
 4 首都高速道路株式会社
 5 阪神高速道路株式会社
 6 本州四国連絡高速道路株式会社
 7 各地方道路公社

(3) 料金無料措置を受けるための手続き

  (ア)最寄りの都道府県または市町村担当窓口へ申請する。
     災害派遣等従事車両証明の申請書に必要事項を記入し、最寄りの都道府県または市町村担当窓口へ申請してください。
          なお、証明書は、車両1台につき、精算する料金所ごとに1枚必要となります。精算する料金所を確認の上、ご申請ください。

     申請書様式:災害派遣等従事車両証明の申請書 [Wordファイル/57KB]
             申請書の記載例 [Wordファイル/59KB] 

 (イ)「災害派遣等従事車両証明書」が発行されます。
    押印した災害派遣等従事車両証明書が発行されます。
      ※発行まで日数がかかる場合がありますので、予めご了承願います。

 (ウ)料金所において「災害派遣等従事車両証明書」を提出する。
    有料道路の入口では、一般レーンで通行券を受け取り、出口では一般レーン(有人または料金精算機)で証明書と通行券を係員にお渡しください。
    ただし、首都高速道路や阪神高速道路など一部の有料道路では、入口料金精算で先に本証明書の提出を要する場合もありますのでご注意ください。

  ※ 本証明書に記載の入口IC、出口IC以外の利用はできません。途中での出入りは無料化されませんので、ご注意ください。 

(4)申請先(福島県内の場合)

 ○県内各地方振興局県民(環境)部
   県北地方振興局県民環境部    電話024-521-2709
   県中地方振興局県民環境部    電話024-935-1295
   県南地方振興局県民環境部    電話0248-23-1548
   会津地方振興局県民環境部    電話0242-29-5295
   南会津地方振興局県民環境部  電話0241-62-2061
   相双地方振興局県民環境部    電話0244-26-1144
   いわき地方振興局県民部      電話0246-24-6203

 ○各市町村の窓口

3 上記1及び2の期間

  令和元年10月16日(水曜日)から令和元年12月31日(火曜日)まで 

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。