ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 原子力安全対策課 > 楢葉町駐在の活動(活動報告書)

楢葉町駐在の活動(活動報告書)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月7日更新

 東京電力ホールディングス株式会社の廃炉に向けた取組の監視体制を強化するため、平成26年4月1日から、楢葉町に原子力安全対策課職員3名、専門員1名の計4名が駐在し、立ち入りによる状況確認やトラブル時の迅速な情報収集を行っています。

現場確認状況 現場確認状況 現場確認状況 現場確認状況

活動内容

現場確認

 職員2名体制でローテーションを組み、平日は毎日、原子力発電所に立ち入りを行い、タンクエリア、地下水バイパス設備、凍土遮水壁、多核種除去設備、使用済燃料プールなど、確認を要する箇所の調査計画を定めて現場確認を行っています。また、トラブル発生時には速やかに現場確認を行っています。

東京電力ホールディングス株式会社からの説明聴取

 免震重要棟において、東京電力株式会社から最新のプラント管理状況、トラブル発生状況(原因、再発防止対策など)、工事の進捗状況、県の申し入れ事項に対する対応状況などの確認を行っています。

プラント関連パラメータの確認

 原子炉注水状況、原子炉圧力容器底部温度、原子炉格納容器内温度、窒素封入流量、水素濃度、使用済燃料プール温度などの各種パラメータについて確認を行っています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。