ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 環境センター > 化学物質リスクコミュニケーション

化学物質リスクコミュニケーション

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月4日更新

化学物質リスクコミュニケーションとは

 化学物質を使用する事業者と地域住民が情報を共有し、化学物質について共に考えることを化学物質リスクコミュニケーションといいます。
環境センターでは、事業者による化学物質教室開催の支援、事例発表・交流会の開催等の各種事業の実施により、化学物質リスクコミュニケーションの推進を図っています。

化学物質適正管理対策・リスクコミュニケーション推進セミナー

化学物質適正管理対策・リスクコミュニケーション推進セミナーを開催しました!

 101名の事業所の皆様にご参加いただきました。

 1 日 時
   平成27年2月4日(水)13:00~15:00

 2 場 所
    ビッグパレットふくしま 3F 中会議室B

 3 目 的
    事業者の皆様に化学物質による環境リスクの低減に向け、事業所内における化学物質の排出抑制等適正な管理に取組んでいただくため、実践的な化学物質管理対策及び事例を紹介するとともに、リスクコミュニケーションについての理解と取組みが拡大することを目的に開催しました。

 
開催の様子(1)
 4 セミナーの内容
   ◆講演(1)「化学物質の適正管理について」
   講師:独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター 松崎 寿 氏
開催の様子(2)
   ◆講演(2)「(株)クレハいわき事業所における化学物質リスクコミュニケーション
               ~地域の皆様と共に~」
   講師:株式会社クレハ 生産本部 いわき事業所 総務部長 鈴木 孝一 氏
開催の様子(3)

平成26年度 化学物質リスクコミュニケーションに関するアンケート調査

アンケート調査へのご協力の御礼!

アンケートにご回答いただいた事業所のみなさんへ。
お忙しいところご協力いただきましてありがとうございました。
集計結果がまとまりましたのでお知らせします。

平成25年度、アンケートに協力いただいた企業の皆さんへ!

 平成25年10月にご協力いただきました、化学物質リスクコミュニケーションの実施状況に関するアンケートの集計結果がまとまりました。
 671の事業所に御協力をお願いし、286の事業所から回答をいただきました。
 お忙しいところ、御協力いただきましてありがとうございました。
 結果は下記をご覧ください。