ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 健康増進課 > 指定医指定状況

指定医指定状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月16日更新

指定医指定状況

 難病の患者に対する医療等に関する法律施行規則第二十一条に基づき、福島県が指定した医師について、下記のとおり公表します。(平成29年5月31日時点)

県内全域

県北地方(福島市、伊達市、二本松市、本宮市、伊達郡、安達郡)

県中地方(須賀川市、田村市、田村郡、岩瀬郡、石川郡)

県南地方(白河市、西白河郡、東白川郡)

会津地方(会津若松市、喜多方市、耶麻郡、河沼郡、大沼郡)

南会津地方(南会津郡)

相双地方(相馬市、南相馬市、相馬郡、双葉郡)

郡山市

いわき市

難病指定医指定申請・届出書類

※ 経過措置(指定医番号が「07P」で始まる)の難病指定医の方が、厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医の資格を取得された場合等は、改めての申請となります。発行済の指定通知書を返還くださるようお願いします。

変更届

※変更届提出の際には、発行済の指定通知書を添付してください。
(医師の氏名、生年月日、連絡先、医籍の登録番号及び登録年月日並びに担当する診療科名、主として指定難病の診断を行う医療機関の名称及び所在地の変更)
 
 なお、主たる勤務先の医療機関が県外となる場合は変更届を提出のうえ、主たる勤務先の医療機関の所在地の都道府県に改めて申請を行ってください。

再交付申請

辞退届

〈提出先〉
医療機関の所在地市町村を管轄する県の保健福祉事務所が窓口になります。
郡山市及びいわき市については、県庁健康増進課が提出先となります。

平成28年度福島県難病指定医研修会  (対象となる経過措置の難病指定医の主たる勤務先の医療機関宛には連絡しております。今年度は終了しました。)

 平成29年2月12日(日曜日)13時00分より標記研修会を開催しますので、経過的特例の適用を受けている難病指定医の皆さまには受講をお願いします。(詳細は下記のとおり)
 なお、1月22日に郡山市で開催された研修会における質疑についての回答は、以下のとおりです。
 経過措置(指定医番号が「07P」で始まる)の難病指定医で、他都道府県の指定医研修を受講された方につきましては、その旨ご連絡をいただき、修了証書の写しをお送りくださるようお願いいたします。平成29年3月31日までに各都道府県の指定医研修を受けなければ、平成29年4月1日以降は失効します。
平成29年度の研修会開催については、決定後にお知らせいたします。

なお、他都道府県の研修会の開催状況は難病情報センターのホームページよりご確認の上、各都道府県にお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。