ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域医療課 > デング熱の予防について

デング熱の予防について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月12日更新

デング熱の予防について

平成26年8月に、国内でデング熱に感染した症例が、昭和20年に報告されて以来、約70年ぶりに報告されました。

デング熱は、蚊を介して感染する感染症で、ヒトからヒトには感染しません。

日頃から、デング熱の原因となる蚊を増やさないために、蚊の幼虫の発生源となる、自宅周辺の植木鉢やプランターの受け皿、タイヤ等の水たまりを作らないように1週間に1回は点検しましょう。

デング熱とは

(1)発生状況

  アジア、中南米、アフリカなど熱帯・亜熱帯に広くみられる。

(2)感染経路

  ・ヒトからヒトの直接的な感染はない。

  ・患者を刺し、ウイルスを保有した蚊が媒介して感染が広がる。

(3)潜伏期間

  3~7日が多い。

(4)症状

  ・突然の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹。

  ・感染しても発症する頻度は、10~50%。

  ・予後は、比較的良好だがまれに重症化することがある。

  ・潜伏期間は2~15日と言われており、多くは3~7日で発症する。

(5)治療

  ・対象療法を行う。

  ・有効なウイルス薬はない。

予防方法

  緑の多い木陰やヤブなど、蚊の発生しやすい場所に立ち入る際には、次のことに気を付けてください。  

  ・長袖、長ズボンを着用し、素肌でのサンダル履き等は避ける。

  ・虫除け剤の使用等によって、蚊に刺されないように注意する。

リンク

 →厚生労働省ホームページ(厚生労働省のページへリンク)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。