ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域医療課 > 鳥インフルエンザの発生に伴う人への影響について

鳥インフルエンザの発生に伴う人への影響について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年12月28日更新

鳥インフルエンザの発生に伴う人への影響について

 

鳥インフルエンザとは

 鳥類がA型インフルエンザウイルスに感染して起こる病気を鳥インフルエンザといい、鳥類に感染するA型インフルエンザウイルスを総称して鳥インフルエンザといいます。
 感染症法においては、鳥インフルエンザウイルスのうちA型インフルエンザ(H5N1,H7N9:二類感染症、それ以外の亜型:四類感染症)のトリからヒトへの感染による病気を、鳥インフルエンザといいます。

感染経路

 一般的に、高病原性鳥インフルエンザウイルスは人に感染しません。

 しかし、ウイルスを排泄している家きんと直接的に接触して大量のウイルスに暴露した場合、まれに人にも感染する可能性があることが知られています。

 これまで、鶏肉や鶏卵を食べることによって人に感染したという事例の報告はありません。

 高病原性鳥インフルエンザウイルスとは鶏に対する病原性を指標にしており、人に対する病原性とは全く関係がありません。

予防方法

 衰弱または死亡した野鳥やその排泄物には直接触れないようにしましょう。

 やむを得ず触れた場合には、速やかに手洗い・うがいをしましょう。

 鳥インフルエンザの流行国・地域に出かけた場合は、生きた鳥を扱っている市場や家きんが飼育されている場所に立ち入らないようにしましょう。

相談窓口

※コールセンターは、令和4年12月28日をもって終了しました。 
 鳥インフルエンザについて健康面で不安などがある場合は、最寄り保健所へご相談ください。

  〇コールセンター※12/28をもって終了しました。

  電話番号:024-521-7408

  受付時間:(平日)8時30分~21時00分

       (土日祝)9時00分~17時15分

関連リンク

県関連部署

 福島県における高病原性鳥インフルエンザ関連情報 (畜産課のページへのリンク)

   鶏卵、鶏肉の安全性について(食品生活衛生課のページへのリンク)

 愛玩鳥(ペット)への鳥インフルエンザの感染予防について (食品生活衛生課のページへのリンク)

 鳥インフルエンザ関係情報 (自然保護課のページへのリンク)

国関連部署

 鳥インフルエンザ(H5N1)について (厚生労働省のページへのリンク)

 高病原性鳥インフルエンザに関する情報 (環境省のページへのリンク)

 鳥インフルエンザに関する情報 (農林水産省のページへのリンク)

その他関連機関

 鳥インフルエンザ Avian influenza (国立感染症研究所感染症情報センターのページへのリンク)

 高病原性鳥インフルエンザ関連情報 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構のページへのリンク)

 鳥インフルエンザについて (食品安全委員会のページへのリンク)