ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域医療課 > 感染性胃腸炎(ノロウイルス)にご注意!

感染性胃腸炎(ノロウイルス)にご注意!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月15日更新
 感染性胃腸炎(ノロウイルス)にご注意!

 例年、11月から翌年1月くらいにかけて、ノロウイルスによると思われる感染性胃腸炎や食中毒が流行しています。軽症で回復する場合がほとんどですが、重症化・死亡した例もありますので、注意が必要です。

感染性胃腸炎の流行状況はこちら 福島県感染症発生動向調査報告

ポスター1ポスター2

 上記パンフレットのデータはこちら(ご自由に印刷してご利用ください)

 ノロウイルスによる食中毒 [PDFファイル/3.74MB]

 できていますか?衛生的な手洗い [PDFファイル/1.18MB]

ノロウイルスの特徴

  • 症状は、腹痛、下痢、おう吐、発熱等。
  • 通常1~2日程度で回復するが、特に子どもやお年寄りの場合、脱水症状やおう吐物を詰まらせたりすることで重症化する場合もある。
  • 感染力は強く、患者のふん便やおう吐物等から二次感染を起こしやすいため、しばしば集団発生を起こすことがある。
  • ウイルスに汚染された飲食物(特にカキ等の二枚貝)により食中毒を起こすこともある。
  • 現在ウイルスに対するワクチンや抗ウイルス剤はないので、感染しないようにすることが大切。

予防のポイント

1 手をよく洗いましょう!

 ウイルスの感染経路のほとんどは、人の手等を介してウイルスが口から体内に侵入する経口感染です。

 ウイルスは石けんで丁寧に手洗いすることで流し落とすことができます。

 トイレのあと、お料理の前、食事の前には、必ず石けんでよく手を洗いましょう。

 手を洗ったあとは、清潔なタオルまたはペーパータオルで手を拭きましょう。

2 ふん便やおう吐物等には直接触れないようにしましょう!

 患者のふん便やおう吐物等の汚物には、大量のウイルスが含まれていることがあるので、直接手で触れると手等を介して感染してしまう可能性があります。また、ノロウイルスは、乾燥すると空中に漂いやすくなるので、口から感染することもあります。

 床等に飛び散った汚物は、直接手で触れないよう使い捨ての手袋を着用の上、速やかにペーパータオル等を使って静かに拭き取りましょう。拭き取った後は、床等を塩素系漂白剤で浸すように拭き取り、その後水拭きし、十分に換気を行いましょう。

 拭き取りした後は、使用済の手袋やペーパータオル等をビニール袋に密閉して廃棄し、よく手を洗いましょう。

 保育所における感染症対策ガイドライン (厚生労働省)

 高齢者介護施設における感染対策マニュアル (厚生労働省)

3 食品はよく加熱しましょう!

 ウイルスは十分な加熱でやっつけることができますので、よく加熱するようにしましょう。

 特にカキ等の二枚貝は、ノロウイルスに汚染されていることがありますので、注意しましょう。

 なお、包丁やまな板等の調理器具にウイルスが付着することもあります。調理器具も清潔にし、85度以上の熱湯で1分以上加熱したり、塩素系漂白剤で浸すように拭いたりしましょう。

ご心配な方(症状のある方)は

 下痢やおう吐、発熱などの症状がある場合は、早めに医療機関で受診してください。

 その他、ノロウイルスに関する一般的な相談については、最寄りの保健所(保健福祉事務所)までお問い合わせください。

※県内の保健所(保健福祉事務所)一覧

保健所名

担当課

電話番号

 県北保健福祉事務所

 医療薬事課

024-534-4113

 県中保健福祉事務所

 医療薬事課

0248-75-7818

 県南保健福祉事務所

 医療薬事課

0248-22-6405

 会津保健福祉事務所

 医療薬事課

0242-29-5512

 南会津保健福祉事務所

 医療薬事課

0241-63-0306

 相双保健福祉事務所

 医療薬事課

0244-26-1329

 郡山市保健所

 地域保健課

024-924-2163

 いわき市保健所

 地域保健課

0246-27-8595

リンク

県 食品生活衛生課

 ノロウイルスによる食中毒にご注意

厚生労働省

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒の予防について

 ノロウイルスに関するQ&A(webページ)

国立感染症研究所

 感染性胃腸炎

 ノロウイルス感染症

農林水産省

 食中毒から身を守るには

 ノロウイルスによる食中毒に気をつけましょう!

食品安全委員会

 ノロウイルス食中毒について


<連絡先>保健福祉部健康増進課〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16 電話:024-521-7238 Fax:024-521-2191

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)