ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県北保健福祉事務所(県北保健所) > ふくしま“食の基本”推進街頭キャンペーン

ふくしま“食の基本”推進街頭キャンペーン

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月31日更新

ふくしま“食の基本”推進街頭キャンペーン

福島県では、東日本大震災の影響などによる県民の健康指標の悪化が顕在化している中、県民の健康を守る取組が喫緊の課題となっています。福島県食行動実態把握調査結果によると、県北地域は「食事バランスの乱れ」「若い世代の野菜不足」「塩分の過剰摂取」が課題となっており、生活習慣病に起因する死亡率も高い状況にあります。

 このため、今年度、県北保健福祉事務所では、管内の健康指標の改善のために、「主食・主菜・副菜」に「減塩」を加えた「ふくしま“食の基本”」の実践に向けた普及啓発を幼少期から働きざかり世代に行い、健康的な食生活の定着を目指す取組を実施しています。

 その一つとして、「子どもの食を考える地域ネットワーク会議」構成機関を中心に関係機関と連携し、食育月間及び歯と口の健康週間等において取組を推進することとし、下記のとおり街頭キャンペーンを実施します。

 また、管内のあちらこちらで、関係機関等によるイベントなども展開されますので、ぜひ足をお運びください!

県北保健福祉事務所「ふくしま“食の基本”推進街頭キャンペーン」

日時令和元年6月6日(木曜日) 17時15分~18時30分
場所福島駅東口駅前広場
内容

ふくしま“食の基本”

        主食・主菜・副菜+減塩について

咀嚼と健康についての知識普及

メッセージ入りポケットティッシュ等の配布

その他、関係機関のイベント等はこちら [PDFファイル/173KB]

キビタン

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)