ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県北保健福祉事務所(県北保健所) > 県北地域感染症発生動向状況

県北地域感染症発生動向状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月22日更新
 

県北地域感染症発生動向状況

 感染症発生動向調査は、福島県が指定する医療機関から感染症の発生状況についての報告をとりまとめて、県衛生研究所に報告しているものです。

県北地域では 

  • 小児科       10医療機関(週報)
  • インフルエンザ   13医療機関(週報)
  • 眼科             3医療機関(週報) 
  • STD         4医療機関(月報)

から、報告を受けております。 

※県北地域全医療機関からの報告ではありません。

県北地域の発生状況をご確認いただき,感染症予防対策及び健康管理にご活用ください。


福島県の感染症動向調査については、県衛生研究所のホームページをご覧ください。


感染症の症状や予防策についてはこちらをご覧ください。

インフルエンザ

急性出血性結膜炎

Rsウイルス感染症

流行性角結膜炎

咽頭結膜炎(プール熱)

細菌性髄膜炎

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

無菌性髄膜炎

感染性胃腸炎

マイコプラズマ肺炎

水痘(水ぼうそう)

クラミジア肺炎(オウム病を除く)

手足口病

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Mrsa)感染症

伝染性紅斑(りんご病)

ペニシリン耐性肺炎球菌(Prsp)感染症

突発性発しん

薬剤耐性緑膿菌感染症

百日咳

性器クラミジア

ヘルパンギーナ

性器ヘルペスウイルス感染症

麻しん(成人麻疹)

尖圭コンジローマ

風しん

淋菌感染症

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)

 



Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)