ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

結核定期健康診断

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月12日更新
 

報告書の記載要領等について

基準法令

結核定期健康診断の実施 
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第53条の2に基づき、結核定期健康診断を行わなければなりません。

結核定期健康診断の報告 
同法第53条の7に基づき報告しなければなりません。

報告対象者

  • 事業者(病院等医療機関、市町村教育委員会)
  • 学校の長
  • 矯正施設及びその他の施設の長
  • 市町村長 
     ※詳しくは実施要領(PDF:14KB)をご覧ください。

報告時期

健康診断を実施した月の翌月10日まで(3月に実施した場合は翌月4月10日まで)
※学校・施設等において全職員の健康診断を数回にわたって行う場合は、全員が終了した段階で結果をまとめて報告ください。

報告方法

該当様式(下記を参照)を使用し、Fax 024-534-4162 へ報告

記入上の留意点

  • 間接撮影 
    検診車などにより、短時間で多くの人の検査を行う場合は、この方法です。
  • 直接撮影 
    病院などで検査を受けるときは、通常この方法です。

結核定期健康診断実施要領

報告様式

報告用紙は、実施義務者により異なります。該当する様式をご使用ください。




Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)