ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 精神保健福祉センター > 思春期精神保健セミナーの開催について

思春期精神保健セミナーの開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月8日更新

次のとおりセミナーを開催しますので、詳しくは、お知らせ【PDFファイル】をご覧ください。

※定員に達したため、申し込みを締め切らせていただきます。(7月8日)

目的                            

 思春期は大人へと成長するとても大切な時期ですが、心身や社会的な立場の変化にどう向き合うか、悩みを抱えやすい時期でもあります。そうした悩みの中で、ふとしたきっかけで陥ってしまう恐れがあるのがアディクションの問題です。

「気晴らしのつもりで使っていたインターネットやゲームがいつの間にか手放せなくなってしまった」「家族に止めるよう言われても、止められない」・・・。もしかするとそれは、ネット依存、ゲーム依存かもしれません。

 アディクション問題の難しいところは、たとえ入口は本人の意志であったとしても、そこからアディクションという病気に陥ってしまい、自分の意志では抜け出せなくなってしまっているという点にあります。アディクションから抜け出すには、周囲の協力や専門的な支援が必要なのです。

 今回はネット・ゲーム依存について、どう理解し、どう子どもたちに関わっていけばよいかを学ぶことを目的にセミナーを開催します。

対象者                           

一般県民及び思春期のこころの問題に携わる関係機関(保健、医療、福祉、教育等)の職員。

      定員 180名程度

 ※定員に達したため、申し込みを締め切らせていただきます。

日時                            

 令和元年7月29日(月曜日) 13時30分~15時30分

場所                            

とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)2階 会議室

  (所在地:福島市春日町5-54)

研修内容                             

時間

内 容

13時00分~

受 付

13時30分~

開会・あいさつ

13時35分~15時30分

講 演「ネット・ゲーム依存の理解と対応」

講 師 独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター

臨床心理士 三原 聡子 先生

参加申込方法                             

 参加費は無料です。参加申込書を記入し、令和元年7月19日(金曜日)までに、Faxにてお申し込みください。(Faxが御利用になれない場合は御電話でお申し込みください。)

    Fax:024-533-2408

  電話:024-535-3556

参加申込期限                            

 令和元年7月19日(金曜日)まで

その他                           

・イベントの開催状況により駐車場が混雑する可能性あるいは駐車困難となる場合がありますので、できるだけ公共交通機関の利用や乗り合わせ等に御協力をお願いします。

・バスを御利用の際は、JR福島駅東口バス乗り場(9番)より市内循環バス(1・2コース)に乗車し「桜の聖母短期大学」停留所で下車してください。

会場まで徒歩5分程度かかります。

問い合わせ先                        

 福島県精神保健福祉センター 思春期研修担当 電話024-535-3556

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。