ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 商工総務課 > 【大学入学予定者向け】福島県の将来を担う産業人材確保のための奨学金返還支援事業対象者の募集は終了しました。

【大学入学予定者向け】福島県の将来を担う産業人材確保のための奨学金返還支援事業対象者の募集は終了しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

福島県の将来を担う産業人材確保のための奨学金返還支援事業

【高等学校、中等教育学校の後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程在学・卒業生等対象】

 

 本県産業の将来を担う人材を確保するため、地域経済を牽引する産業の福島県内事業所に正規職員として一定期間就業かつ福島県内に定住した場合に、奨学金返還のための補助金を交付します。

☆★☆新着情報★☆★

「医療関連産業」についてQ&Aに1問追加しました。 (4ページ 2支援対象となる産業について 問3 追加)

募集期間

終了しました。

募集人数

終了しました。

募集対象者:次の各号のすべてに該当する方

(1)独立行政法人日本学生支援機構の第一種奨学金(以下「無利子奨学金」という。)の貸与が決定している方(予約採用を申し込み、採用候補者決定通知を受けている方)。

(2)高等学校、中等教育学校の後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程から進学又は高等学校卒業程度認定試験に合格し、平成29年4月時点で4年制大学理系学部の1年に在籍することを予定している方。

(3)平成32年度に大学卒業後、翌月1日から起算して、6箇月以内に支援対象となる産業の福島県内事業所に正規職員として就職することを予定している方。

(4)大学卒業後、福島県内に定住することを予定している方。

支援対象となる産業

  日本標準産業分類の「製造業」、「電気・ガス・熱供給・水道業」又は「情報通信業」に属する次の産業

(1)エネルギー関連産業 (2)医療関連産業(創薬関連含む) (3)ロボット関連産業

(4)環境・リサイクル関連産業 (5)輸送用機械関連産業(航空宇宙関連含む)

(6)電子機械関連産業  (7)ICT関連産業  (8)6次化関連産業

補助要件

 交付対象者の認定を受けた方が、大学卒業後、翌月1日から起算して、6箇月以内に支援対象となる産業の福島県内事業所に正規職員として就職することが必要です。

 また、就職した日から起算して5年以上福島県内事業所に就業かつ福島県内に定住した場合に、申請に基づき補助します。

補助金額

 奨学金の貸与額(卒業までの4年間に貸与を受けた無利子奨学金額=48箇月分)に相当する額を支援します。(例:私立大学(自宅外)月額64,000円の貸与を受けた場合、3,072,000円)

 なお、補助金は日本学生支援機構へ支払います。ただし、補助金が返還残額を上回る場合、その差額は交付対象者へ支払います。

応募方法

(1)奨学金返還支援事業交付対象者認定申請書(第1号様式)

(2)応募理由書(第2号様式)

(3)奨学金の受給・返還状況等調査及び個人情報取扱いに関する同意書(第3号様式)

(4)在籍校の学業成績証明書で、学校長印が押印され厳封されたもの(高等学校、中等教育学校の後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程の1・2年次の全履修教科についての5段階評価における学業成績及び2年間分の評定を平均した値(小数点第2位で四捨五入)が記載されているもの。高等学校卒業程度認定試験合格成績証明書。)

(5)奨学金の採用候補者決定通知の写し

(6)進学先の在学証明書(進学後、速やかに提出してください)

※1第1号様式、第2号様式、第3号様式とも、鉛筆以外の黒の筆記用具を用い、文字は楷書、数字はアラビア数字で記入してください。

※2必要に応じて追加書類の提出を求める場合があります。

 

応募先

 福島県 商工労働部 商工総務課

 〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16

 電話:024-521-7270 Fax:024-521-7930

選考

書類審査により交付対象者を選考し、その結果を文書にて通知します。

募集に関する要項、様式等

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)