ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業人材育成課 > 職業能力開発協会

職業能力開発協会

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月4日更新

職業能力開発協会

 福島県職業能力開発協会は、職業能力開発促進法第87条及び雇用保険法第63条に基づき、各種技能検定の実施や民間における職業能力の開発の促進を図るために設置されている機関です。

 平成30年度の主な事業計画 

1 能力開発に関すること

  (1)新入社員研修/年3回(4月)
  (2)新入社員フォローアップ研修/年2回(10月)
  (3)中堅社員研修/年1回(10月)
  (4)管理者研修/年1回(11月)
  (5)職業訓練指導員免許資格取得講習会/年1回(12月)
  (6)第50回東北職業能力開発促進大会/6月14日(山形県)

2 技能振興に関すること

  (1)コンピュータサービス技能評価試験/5月~平成31年3月
  (2)技能五輪県大会の実施/年2回(6月~9月、12月~平成31年2月)
  (3)技能五輪全国大会への参加/11月2日~11月5日:沖縄県
  (4)ものづくりふれあいフェア“2018”/7月21日~7月22日:郡山市  

3 技能検定に関すること

  (1)受検者目標
     実技/3,770名 学科/3,260名
  (2)実施日程
   ア 実施公示/前期 3月1日/後期 9月3日
   イ 受検申請受付/前期 4月4日~4月17日/後期 10月1日~10月12日
   ウ 実技試験
      (ア)問題公表/前期 5月29日/後期 11月26日
      (イ)実施/前期 6月5日~9月9日/ 後期 12月3日~平成31年2月17日
   エ 学科試験/前期 7月15日(※)、8月19日、8月26日、9月2日
          後期 平成31年1月27日、2月3日、2月10日
   オ 合格発表/前期 8月31日(※)、9月28日
          後期 平成31年3月15日
          注:(※)は、3級職種対象(ただし、金属熱処理を除く)

4 厚生労働省からの受託事業 

 (1)若年技能者人材育成支援等事業

     ・協会内の「福島県技能振興コーナー」において、若年技能者の人材育成や技能尊重気運の醸成を図る。
      また、ものづくりマイスター等が技能競技大会の課題等を活用しながら若年技能者への実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者育成を行う。
      さらに、技能士を活用した意識啓発事業等を行い、地域関係者の創意工夫による技能尊重気運の醸成を図る。 

5 県からの受託事業

 (1)ふくしま地域創生人材育成事業関係(ふくしま若手リーダー育成道場事業)
    (受託期間 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)

     ・ものづくり企業の中堅・若手社員を対象に、QCD等の専門スキルやマネジメント力を高め、人材の育成や定着と、ものづくり企業の競争力強化等を図ることを目的として実施する。

 

 

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。