ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業人材育成課 > テクノアカデミー会津学生が寄付金を県に贈呈しました

テクノアカデミー会津学生が寄付金を県に贈呈しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月12日更新

テクノアカデミー会津学生が台風19号関連支援のため寄付を行いました

 令和元年11月12日(火曜日)、県立テクノアカデミー会津の阿部唯奈学校祭実行委員長と五十嵐涼太副実行委員長が県庁を訪れ、10月19日に開催したチャリティーイベントの収益金を台風19号関連の災害復興や被災者支援のために使っていただきたいと、金成商工労働部長に手渡しました。
 金成商工労働部長から、「心のこもったお金を寄付していただき、ありがとうございます。いまだ県内で1,000人以上の方が避難生活を強いられている折り、学生さんが自ら考えて行動してくれたことは、周囲の方々から御理解と御協力いただいたこととあわせ、大変喜ばしく思います。復興のため、大切に使わせていただきます。」と御礼の言葉がありました。
 また、阿部実行委員長は、「当初10月12日開催予定だった学校祭が延期になり、実家が被災している学生もいる中、開催すべきかどうか学生の間でも迷いました。内容を変更して、チャリティーイベントとして開催することで、被災された方々の手助けになればと思いました。学生の模擬店やバザーの収益金のほか、来場者の方から募金していただいたものを本日お持ちしました。」と語りました。

 テクノアカデミー会津のチャリティーイベントの趣旨にご賛同いただき、バザー及び募金に御協力いただきました来場者の方々に対しまして、改めて御礼申し上げます。
贈呈式の様子歓談の様子

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。