ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 次世代産業課 > 総務省消防庁、福島県、福島イノベ機構が災害対応におけるドローン等の活用促進に関する協定を締結しました

総務省消防庁、福島県、福島イノベ機構が災害対応におけるドローン等の活用促進に関する協定を締結しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月27日更新

総務省消防庁、福島県、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構による災害対応におけるドローン等の活用促進に関する協定締結式

総務省消防庁、福島県及び公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構は、福島ロボットテストフィールドを有効活用し、災害対応におけるドローン等の更なる活用を促進することなどにより、災害対応力の向上及び福島イノベーション・コースト構想の推進に寄与するため、協定を締結しました。

消防庁協定締結式

1 協定締結日

 令和2年11月20日

2 場所

 福島県庁本庁舎2階 応接室

3 出席者

 総務省消防庁 長官 横田 真二

 福島県副知事 鈴木 正晃

 公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構 理事長 斎藤 保

4 連携事項

 (1)消防防災分野におけるドローン等の活用促進
 (2)災害対応におけるドローン等の安全かつ効果的な運用に係る人材育成
 (3)福島ロボットテストフィールドの施設及び機能の強化に向けた調査研究
 (4)その他目的を達成するために必要な事項

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。