ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水田畑作課 > 米の食味鑑定技術研修会を開催しました!

米の食味鑑定技術研修会を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月4日更新

県では、主要産地の銘柄米すべてで食味ランキング“特A”を獲得し、米産地として揺るぎない評価の確立と風評払拭を図るため、今年度から『ふくしま米オール“特A”獲得推進事業』をスタートさせました。県内の生産団体等へ、リモートセンシング等の技術を使った品質食味向上にかかる取組を支援しています。

 この事業の一環として、今回、平成30年8月22日に県農林事務所の普及指導員等を対象に米の食味鑑定技術研修会を開催しました。

研修会では一般財団法人日本穀物検定協会東北支部高橋部長様を講師に招き、米の食味官能試験についての講義、実習を行いました。

また、米の食味に影響する要因について、農業総合センター稲作科の吉田科長から説明を行いました。

今回の研修では、県産米3品種を食べ比べ、米の外観や香りや味などを手順に沿って評価を行いました。食味官能試験は、米を正確に評価するために、細かい手順や規定などがあり、とても厳密な試験です。

この研修会を福島県産米の品質向上につなげていきます。

食味官能試験の炊飯の様子
食味官能試験の炊飯の様子

試食米
試食米

味覚試験の様子
味覚試験の様子

講義の様子
講義の様子

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。