ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水田畑作課 > 「令和元年度第2回大豆・麦・そば生産振興セミナー」を開催しました

「令和元年度第2回大豆・麦・そば生産振興セミナー」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月13日更新

 生産者をはじめ、90名を超える参加者のもと、喜多方市山都町において開催しました。

 喜多方市山都総合支所の大塚哲弥支所長より、会津山都そばの歴史、山都町で取り組まれてきたそばの里づくりの経緯や成果、そしてこれからの地域振興の課題等についてご講演いただきました。

 次いで、南会津農林事務所職員より、南会津町の水無農産組合様が取り組まれている第三者認証GAP(GLOBALG.A.P.)に基づいたそば生産事例について、また、農業総合センター職員より「会津のかおり」に関する栽培方法等の試験研究成果について報告しました。

 その後、会場近くの株式会社鈴木農産様のほ場において、鈴木献代表取締役及び会津農林事務所職員より、そばの生育栽培管理状況と連作障害回避のための栽培技術についてご説明いただきました。

 参加者は開花期間近のそばを見ながら、安定生産に向けた酸性土壌の改良や特徴ある土づくりの取組に感心されていました。

■日時令和元年9月4日(水) 13:00~15:30
■場所喜多方市山都保健センター及びほ場
■講演
(1)「そばによる地域振興の取組について」
   講師:喜多方市山都総合支所         支所長 大塚 哲弥 氏
   喜多方市山都総合支所 支所長 大塚哲弥氏

(2)「生産工程管理に基づいたそば生産事例」
   講師:南会津農林事務所農業振興普及部      技師   菅野 寛人
   南会津農林事務所農業振興普及部 技師 菅野寛人

(3)「そばの安定生産技術」
   講師:農業総合センター会津地域研究所 主任研究員 新田 靖晃
   農業総合センター会津地域研究所 主任研究員 新田靖晃

■現地研修「『会津のかおり』の栽培状況と連作障害対策について」
  講師:株式会社鈴木農産              代表取締役  鈴木 献 氏
      会津農林事務所喜多方農業普及所   専門員       渡部 隆
  鈴木献 氏  喜多方普及所 渡部隆
         鈴木献氏                       渡部専門員
そばほ場