ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水田畑作課 > 「全国そば優良生産表彰」で郡山市の「中野生産組合」の受賞が決定しました!

「全国そば優良生産表彰」で郡山市の「中野生産組合」の受賞が決定しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月17日更新

 このほど、一般社団法人日本蕎麦協会主催の「令和元年度第31回全国そば優良生産表彰事業」において、郡山市の「中野生産組合」(代表者:桑名 秀一郎氏)が「一般社団法人日本麺類業団体連合会会長賞」を受賞いたしました。

 「全国そば優良生産表彰事業」は、国内そば生産において、低コスト・品質向上などの面で模範となる生産集団等を表彰するもので、全国各地から推薦された30点の中から、中央審査委員会において収量性、品質、経営内容などを総合的に評価した結果、中野生産組合の受賞が決定しました。なお、過去の県内の受賞者は13件となっています。

  受賞された「中野生産組合」は、郡山市湖南町で、水田転作と遊休農地化防止の観点から、夏そばと秋そばを合わせて約70ha栽培しており、県内屈指の生産規模を有しています。また、代表の桑名組合長は県オリジナルそば品種「会津のかおり」の種子生産団体である、「『会津のかおり』種子協議会」の会長として、県内に配付する優良種子の生産・確保に取り組んでおられます。

 詳しくは一般社団法人日本蕎麦協会全国そば優良生産表彰をご覧ください。
 http://nihon-soba-kyokai.or.jp