ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 畜産課 > 野生いのししにおける豚熱(CSF)陽性事例

野生いのししにおける豚熱(CSF)陽性事例

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月16日更新

移動制限区域の一部解除について

野生いのししでの豚熱(CSF)感染確認を受けて設定した移動制限区域(野生いのししの発見場所を中心とした半径10km圏内の区域)について、国との協議の結果、区域の一部を解除しました。

なお、移動制限が解除された区域においても、引き続き、飼養衛生管理を徹底してまいります。

移動制限区域の設定について(令和2年9月16日) [PDFファイル/518KB]

制限の対象

(1)次に掲げるものの移動

 ア 生きた豚等

 イ 移動制限区域内で採取された精液、受精卵等(病性判定日から遡って21日目の日又は病性の判定がなされた野生いのししの発見日より前に採取され、区分管理されていたものを除く。)

 ウ 豚等の死体

 エ 豚等の排せつ物等

 オ 敷料、飼料及家畜飼養器具(農場以外からの移動を除く。)

(2)次の事業の実施、催物の開催等の停止

 ア と畜場における豚等のと畜

 イ 家畜市場等の豚等を集合させる催物

 ウ 豚等の放牧

野生いのししにおける豚熱(CSF)陽性事例について

令和2年9月9日、会津若松市において、県内初となる野生いのししでの豚熱(CSF)陽性事例が発生しました。

【プレスリリース】野生いのししにおける豚熱(CSF)の確認(1例目) [PDFファイル/385KB]

野生いのししCSF陽性事例(1例目)

 

発見場所

(採材日)

個体状況

判定

発見状態

性別

成子の別

体長

体重

会津若松市

(令和2年9月8日)

死亡

成体

約110cm

約40kg

陽性

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。