ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産課 > 沿岸漁業改善資金

沿岸漁業改善資金

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月11日更新

沿岸漁業改善資金についてお知らせします。
相談窓口は各漁業協同組合もしくは福島県信用漁業協同組合連合会へ
ご連絡先はこちら

目的

 新しい漁業技術や漁業生産方式、または漁ろうの安全確保のための施設等を導入し、漁業経営の改善を図ろうとする沿岸漁業者等に、必要な資金を無利子で融通するものです。

資金の種類と貸し付け条件

資金の種類貸付内容貸付限度額償還期間
(うち据置)
操船作業省力化機器等設置資金自動操だ装置1台 100万円合計で500万円7年以内
(1年以内)
遠隔操縦装置1台 50万円
サイドスラスター1台 400万円
レーダー1台 180万円
自動航跡記録装置1台 120万円
GPS受信機1台 130万円
漁ろう作業省力化機器等設置資金動力式つり機1件 500万円合計で500万円7年以内
(1年以内)
ラインホーラー等の揚縄機1台 120万円
ネットホーラー等の揚縄機1台 120万円
巻取りウインチ1台 500万円
放電式集魚灯1セット 200万円
漁業用クレーン1台 400万円
漁獲物等処理装置1台 500万円
海水冷却装置1台 180万円
海水殺菌装置1台 300万円
漁業用ソナー1台 500万円
カラー魚群探知機1台 150万円
潮流計1台 500万円
補機関等駆動機器等設置資金補機関1台 400万円合計で500万円7年以内
(1年以内)
油圧装置1台 500万円
燃料油消費節減機器等設置資金推進機関
(漁船用環境高度対応機関)
1台 1,200万円合計で
1,300万円以内
7年以内
(1年以内)
定速装置1台 120万円
発光ダイオード式集魚灯1セット1,300万円
新養殖技術導入資金養殖施設、種苗、餌料等1件 400万円4年以内
(2年以内)
資源管理型漁業推進資金資源管理措置を行うのに必要な改良漁具、漁法転換用漁具、漁ろう機器等1,200万円10年以内
(3年以内)
環境対応型養殖業推進資金養殖漁場環境の悪化防止を目的として投餌の内容・量・方法の改善を行うのに必要な造粒機、自動給餌機、飼料倉庫等2,000万円10年以内
(3年以内)
乗組員安全機器等設置資金転落防止用てすり1件 50万円合計で
150万円
5年以内
(1年以内)
安全カバー装置1件 50万円
揚網機安全装置1件 40万円
救命消防設備購入資金救命胴衣1件 10万円合計で
130万円
2年以内
(-)
消火器1件 10万円
イーパブ1件 60万円5年以内
(-)
レーダートランスポンダ1台 65万円
小型漁船緊急連絡装置1件 30万円
漁船転覆防止機器等設置資金漁獲物の横移動防止装置1件 30万円合計で
150万円
5年以内
(1年以内)
甲板下の漁そう1件 100万円
漁船衝突防止機器等購入等資金レーダー反射器1件 40万円合計で
120万円
5年以内
(1年以内)
無線電話1件 40万円
漁具損壊防止機器等購入資金漁具の標識
(灯火付きブイ、レーダー反射器付きブイ)
1人 70万円
団体、会社 130万円
5年以内(−)

※1 東日本大震災により被害を受けた方が新たに貸付を受ける場合には、償還期間及び据置期間がそれぞれ3年延長されます。

※2 農商工等連携促進法に規定する認定農商工等連携事業者、農林漁業バイオ燃料法に規定する認定事業者、六次産業化法に規定する認定農林漁業者の方には、償還期間及び据置期間に優遇措置があります。

水産関係地方公共団体交付金等交付要綱第22に基づく基本的事項の公表について

福島県沿岸漁業改善資金の基本的事項 [PDFファイル/483KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)