ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農村計画課 > 21世紀土地改良区創造運動について

21世紀土地改良区創造運動について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月31日更新
 21世紀土地改良区創造運動について
トップページ(Home) > 組織別 > 農林水産部 > 農村計画課 > 21世紀土地改良区創造運動について

最終更新 2014年6月20日

 

土地改良区ってなあに?

上戸取水口                   山ノ入ダム

(1) 土地改良区ってなあに? 農業生産を行う上で欠かせない土地改良施設(ため池、用水路など)の整備、管理や、水田や畑の整備を目的として設立された農家の人たちの組織です。 土地改良施設は、洪水や土砂崩れから地域を守ったり、作物を作ったりするだけでなく、自然環境や美しいふるさとの風景を守る効果もあります。

(2) 土地改良区ってなにをしているの? 農業に必要な用水を確保するための水源の確保や、用水路の整備・管理、農地や地域の雨水、集落からの排水等を排除するための排水路の整備・管理を行っています。また、水田や畑の整備を行っています。 土地改良区では、豊かで住みよいふるさとの環境を育んでいるこのような資源を大切に守り育て、地域に住んでいる人たちの協力を得ながら活動していきたいと考えています。

 

21世紀土地改良区創造運動 

 水路管理 水土里ネット イベントでの説明

 水土里ネット

土地改良区の役割と姿を表した姿を、愛称「水土里ネット(みどりねっと)」といいます。「水」・・・・・・・農業用水・地域用水「土」・・・・・・・土地、農地、土壌「里」・・・・・・・農村空間、農家や地域住民が一体になった生活空間など。「ネット」・・・・ 人、物、情報のつながり

(1) 21世紀創造運動とは? 土地改良区(水土里ネット)が果たしてきた役割・機能を改めて見直すとともに、多面的な機能の確保等、国民が期待する新たな役割に対し、どのように土地改良区が取り組んでいくか、地域の人たちとみんなで考えることを提案する運動です。

(2) 運動の方向は? 水土里ネットが主役となり、国・県・市・町・村の行政機関及び全国水土里ネット、福島県水土里ネットの支援、地域の皆さんとの連携の下に行われている運動です。 各水土里ネットの規模・事業内容・活動状況などさまざまです。それぞれに適した運動を半歩でも、一歩でも踏み出す運動をしています。

(3)運動の目標は1時を超えて・・・・水土里ネットの役割を見つめ直しましょう。2地域と共に・・・・水土里ネットの活動を地域の人たちに紹介しましょう。3夢を語り・・・・・・新たな時代の水土里ネット活動について考えましょう。4ふるさとづくり・・地域の人たちと一緒に美しい豊かなふるさとを創りましょう。

(4)福島県内での活動福島県内の各土地改良区(水土里ネット)でも、様々な運動を展開しています。イベントの開催情報などは、開催日程等が決まり次第、随時お知らせします。

(5)関連リンク(新しいウインドウが開きます)

   〇水土里ネット福島(福島県土地改良事業団体連合会)

   〇水土里の案内人

土地改良区
水土里ネット福島市水土里ネット伊達西根堰
安積疏水土地改良区〇猪苗代町土地改良区
水土里ネット会津北部水土里ネット会津宮川
〇雄国山麓土地改良区水土里ネット愛谷堰
水土里ネット南相馬水土里ネット請戸川
水土里ネット愛谷堰水土里ネット鮫川堰

  

→農村計画課のページへ


<連絡先>農村計画課〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16   電話:024-521-7383   Fax:024-521-7545   メール:nosonkeikaku@pref.fukushima.lg.jp