ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 南会津農林事務所 > 南会津の特産品あれこれ「はっとう」

南会津の特産品あれこれ「はっとう」

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

 

概要

はっとう

 はっとうとは、その昔、檜枝岐地方が凶作にあった時、調査に来た役人が現地を訪れ、食べたところ、あまりのおいしさに「贅沢な品なので、普段の日に作ってはいけない。ただし、晴れの日(祭やお祝いの日)に限り食べることを許す。」と言い渡したそうです。

 それ以来、御法度(ごはっとう)となったことからはっとう(はっと)と名付けられたという面白い由来があります。

 そば粉ともち米を良く練って延ばし、ひし型に切ったものをゆでて、じゅうねん(えごま)やきな粉につけて食べます。

 

レシピ

はっとう料理風景

作り方

(1)そば粉と餅米半々を熱湯をハシで粉を混ぜながら入れ、柔らかくこねながら湯量を少しずつ足していく。

(2)厚み1cmくらいに延ばし、巾5cmくらいに切る。

(3)それを菱形に切り、沸騰したお湯に1枚ずつ入れる。

(4)じゅうねんをすり、砂糖と塩で味付けをする。

(5)ゆであがったら、じゅうねんをまぶして出来上がり。