ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 技術管理課 > 福島県土木部ICT活用工事について

福島県土木部ICT活用工事について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月1日更新

福島県土木部ICT活用工事実施要領について

福島県土木部では、建設現場の生産性や安全性の向上を目指し、福島県土木部ICT活用工事実施要領を策定しました。

平成29年度より本要領に基づき、ICT活用モデル工事を実施します。

※平成29年6月1日に要領を一部改定しました。

福島県土木部ICT活用工事実施要領

ICT活用工事に適用する基準等について

福島県土木部発注のICT活用工事に適用する基準等を以下の通り定めました。
なお、本基準等は平成29年6月1日以降起工するものから適用することとします。また、起工済みの工事については、適用する基準等を監督員と協議してください。
ICT活用工事に適用する基準等
分類No.

名称

最終
改正

掲載ページ

調査
測量
設計

UAVを用いた公共測量マニュアル(案)
公共測量におけるUAVの使用に関する安全基準(案)

H29.3国土交通省HP
地上レーザスキャナを用いた公共測量マニュアル(案)H29.3国土交通省HP
電子納品要領(工事及び設計)※県基準適用
LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)Ver.1.0
LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準の運用ガイドライン(案)
H29.3国土交通省HP
施工ICTの全面的な活用の推進に関する実施方針H29.3※県土木部実施要領による
土木工事施工管理基準及び規格値(案)H29.3国土交通省HP
写真管理基準(案)H29.3国土交通省HP
施工履歴データによる土工の出来高算出要領(案)H28.3国土交通省HP
ステレオ写真測量(地上移動体)を用いた土工の出来高算出要領(案)H29.3国土交通省HP
10土木工事共通仕様書 施工管理関係書類(帳票:出来形合否判定総括表)H28.3国土交通省HP
11空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)H29.3国土交通省HP
12地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)H29.3

国土交通省HP

13地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)H29.3

国土交通省HP

14TSを用いた出来形管理要領(土工編)H29.3

国土交通省HP

15TSを用いた出来形管理要領(舗装工事編)H29.3

国土交通省HP

16TS(ノンプリズム方式)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)H29.3

国土交通省HP

17RTK-GNSSを用いた出来形管理要領(土工編)(案)H29.3

国土交通省HP

18無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)H29.3

国土交通省HP

19TS・GNSSを用いた盛土の締固め管理要領H29.3

国土交通省HP

監督
検査
20地方整備局土木工事検査技術基準(案)※県基準適用
21既済部分検査技術基準(案)及び同解説※県基準適用
22部分払における出来高取扱方法(案)※県基準適用
23空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)H29.3

国土交通省HP

24地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)H29.3

国土交通省HP

25地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編)(案)H29.3

国土交通省HP

26TSを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)H29.3

国土交通省HP

27TSを用いた出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編)H29.3

国土交通省HP

28TS(ノンプリズム方式)を用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)H29.3

国土交通省HP

29RTK-GNSSを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)H29.3

国土交通省HP

30無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)H29.3

国土交通省HP

31TS・GNSSを用いた盛土の締固め管理の監督・検査要領H29.3

国土交通省HP

32工事成績評定要領の運用について※県基準適用
積算基準ICT活用工事積算要領 ※※No.5に含む
※土木工事標準積算基準も参照
その他無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領H29.3

国土交通省HP

※掲載ページにて、最新の基準等を確認してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)