ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建設産業室 > 建設業:解体工事業許可に係る経過措置について

建設業:解体工事業許可に係る経過措置について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月14日更新
平成28年6月1日から、建設業許可に係る業種区分として、「解体工事業」が追加されました。
それに伴い、平成28年6月1日に「とび・土工工事業」の許可を受けて解体工事業を営んでいるものは、令和元年5月31日までは、「解体工事業」の許可を受けずに解体工事を施工することが可能です。
また、令和3年3月31日までの間は、平成28年6月1日に「とび・土工工事業」の技術者要件を満たす者は、「解体工事業」の技術者とみなしますので、この期間までに解体工事業の技術者となるよう資格要件を満たすことが必要になります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。