ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【2/17(土)14時~】子どもにもママたちにもやさしいマチがある~「ふくしま移住計画」(子育て編)~

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月5日更新

トップ

【こんな方に特におすすめ】
地方での仕事や暮らしに興味があるけど、なかなか一歩が踏み出せない方
子どもが出来たら、自然豊かなところで子育てがしたいご夫婦
子育て中も仕事をして、社会との接点を持ちたいママ

福島県の中央部、商業と交通の要衝・郡山市に移住したお二人をゲストに迎え、
地方での子育てについて一緒に考えませんか?
参加費無料、定員は25名、当日参加もOKですが、事前に申し込むと相談がスムーズです。

【申込方法】

・電話、FAX、メールいずれかの方法でお申し込みください。【2/15(木)〆切】

氏名、性別、年齢、住所、連絡先(電話番号とメールアドレス)をお知らせください。

電話 024-935-1323(福島県 県中地方振興局 企画商工部)
FAX 024-939-4674
メール kenchu_kikakushoukou@pref.fukushima.lg.jp

日程

2018年2月17日(土)

開催時間14時00分~16時30分
開催場所

fabbit大手町
(東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル3階)

定員25名
参加費無料
ゲスト

田中 豪(たなか たけし)/郡山市
京都府出身。東日本大震災を機に、子育て中の女性が抱える社会課題の啓発・改善プロジェクトとして「Stand for Mothers」を立ち上げる。2017年から郡山市に「暮らしづくりビレッジ」をオープン。子育て中の女性向けの民間型ハローワーク「おしごと百貨店」の運営や、子育て中の女性を主軸としたコーヒーとベーグルの専門店「暮らしづくりCOFFEE&BAGEL STAND」の経営に携わる。

添田 麻美(そえた あさみ)/郡山市
福島県出身。東京都からUターン後、ウェディングプランナーとして勤務し、出産を機に退職。東日本大震災の翌年に出産し、震災後の不安定な中で育児をスタートさせるが、自身と同様に福島で育児に奮闘するママたちとともに「笑顔の育児」をしていきたいと、2013年に「カラコロ~福島の親子ふれあい教室~」をスタートさせる。これまでにベビーマッサージレッスン、季節のイベント等を通じて多くの親子と関わる

【ファシリテーター】
三部 香奈(さんべ かな)福島県出身。多様なチャレンジを応援するコワーキング&イベントスペースco-bakoriyamaを拠点に、起業セミナーや読書会などを企画運営している。女性の新しい働き方を目指すスペシャリスト女子会を開催するなど、コミュニティづくりにも取り組んでいる。なお、自身も子育て中。

メニュー

第1部 トークセッション
第2部 地域のPRタイム
第3部 交流会

問い合わせ
申し込み

福島県 県中地方振興局 企画商工部
TEL:024-935-1323(平日 9時00分~17時00分)
MAIL:kenchu_kikakushoukou@pref.fukushima.lg.jp