ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【2/4(日)12時30分~】田舎暮らし1・2年生が語る食と農のふくしまライフ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月18日更新

トップ

【こんな方におすすめのイベント】
地方での仕事や暮らしに興味があるけど、なかなか一歩が踏み出せない方
田舎暮らしは、苦労話や困ったことなど、リアルな話を聞いてみたい方
地方の食や農を仕事にしたいと思っている方

二本松市(にほんまつし)に移住して1年目の「樋口陽子さん」と、
桑折町(こおりまち)に移住して2年目の「小山尚文さん」による
仕事、住まい、生活のことなど、移住して間もない今だから語れる本音トーク。

トークの後は、福島のおいしいものを味わいながらの交流会で楽しく盛り上がりましょう!

参加費無料、定員は15名、事前申し込み制です。電話、メール、Faxで受け付けております。
詳しくは、チラシやFacebook「ふくしま県北移住応援隊」からご確認ください。

【申込方法】
・電話、FAX、メールいずれかの方法でお申し込みください。

氏名、性別、年代(20代など)、連絡先(電話番号またはメールアドレス)をお知らせください。

電話 024-521-2657(福島県 県北地方振興局 企画商工部)
FAX 024-521-2853
メール kenpoku_kikakushoukou@pref.fukushima.lg.jp

日程

2017年2月4日(日)

開催時間12時30分~14時30分
開催場所

ふるさと回帰支援センター内
(東京都千代田区有楽町2-10-1)

定員15名 ※事前申込制
参加費無料
ゲスト

樋口陽子(ひぐちようこ)/二本松市東和地区
◆出身:東京都国立市 ◆前職:料理人・ソムリエ
◆フレンチのお店を東京で16年経営。パン・お菓子づくりも得意。
フランスでジャムの第一人者クリスティーヌフェルベール氏の元で住み込み修業し、
ビン詰め加工にも精通。現在は、二本松市地域おこし協力隊として、
地元野菜を生かしたオリジナルレシピを開発するなど活動展開中。

小山尚文(こやまなおふみ)/桑折町
◆出身:東京都奥多摩町 ◆前職:行政書士
◆「農業に挑戦したい!!」その一心で福島での暮らしを選択。
福島県農業総合センター果樹研究所で果樹栽培について学び、
現在は、地元若手農業者クラブ「DATEC(ダテック)」に所属し、桃や柿などの果物づくりに奮闘中。

メニュー

第1部 トークセミナー
第2部 交流会

問い合わせ
申し込み

福島県 県北地方振興局 企画商工部
TEL:024-521-2657(平日 9時00分~17時00分)
MAIL:kenpoku_kikakushoukou@pref.fukushima.lg.jp