ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福島県内市町村相談窓口-相双地域

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月19日更新

相馬市

相馬市は東日本大震災以降、地域一丸となって様々な復旧・復興事業に取り組んでいます。
また、平成27年度より「相馬市千客万来館」を開設し、相馬野馬追をはじめ、相馬市の観光・宿泊情報等を発信していき、より魅力的な郷土づくりに尽力していきます。
移住のご相談については担当課までお気軽にお問合せください。

相馬市の写真1相馬市の写真2

市町村相談窓口産業部商工観光課
電話:0244-37-2154
Fax:0244-37-2251
E-メール
紹介ページ
子育て

子ども医療費助成
・通年
放課後児童クラブ
・通年
相馬愛育園
・通年
相馬市教育復興子育て基金
・通年

体験ツアー
(グリーンツーリズム)
イベント
復興視察
・通年
みちのく潮風トレイル
・通年

南相馬市

南相馬市は、福島県の太平洋側に位置する、山と海に囲まれた自然豊かなまちです。夏は涼しく、冬は温暖な穏やかな気候に恵まれた地域です。
市では、若年夫婦・子育て世代がより安心して生活できるよう、子ども医療費助成や住宅賃貸や新築への奨励金交付など様々な施策を実施しております。
平成27年の常磐道全線開通により、仙台から1時間、東京近郊からも3時間とアクセスしやすくなりました。
移住相談があった場合には、南相馬市ふるさと回帰支援センターを窓口として、住居や就職など移住定住に関する相談業務を行っております。

南相馬市の写真1南相馬市の写真2

市町村相談窓口復興企画部被災者支援・定住推進課
電話:0244-24-5269
Fax:0244-23-2511
E-メール
紹介ページ
ふるさと回帰支援センター
電話:0244-24-5555
Fax:0244-24-5555
E-メール
移住関連ページ
しごとみなみそうま就職ナビWebサイト
・市内企業の求人情報を掲載しています。掲載企業への就活費用や就職のため転居する際の費用を最大40万円補助します。
住まい

若者等世帯への定住奨励金
・市内に定住する若年夫婦・子育て世帯へ奨励金を交付します。民間賃貸住宅への入居は18万円、住宅の新築・購入の場合は100万円を交付します。(平成32年度まで)

空き家・空き地バンク
・市内の空き家・空き地の物件情報を掲載しています。

子育て

ようこそ赤ちゃん誕生祝い品支給事業
・市内に住所のある方を対象にお子さんの誕生を祝い健やかな成長を願って、誕生祝い品を支給します。

幼稚園入園料・授業料の無料化
・市内に住民登録し、市内の幼稚園に在園する園児の入園料・授業料を無料としています。(平成30年度まで)

保育園(所)及び認可保育施設保育料の無料化
・市内に住民登録し、保育園(所)に在園する園児の保育料を無料としています。(平成30年度まで)

体験ツアー
(グリーンツーリズム)
イベント
田舎暮らし体験支援事業(農家民宿)
・市内の該当する農家民宿に宿泊した方は、無料で田舎ならではの体験ができます。

川内村

四季折々の、豊かな自然風景が楽しめる川内村。田舎で、農業を始め、ゆっくり暮らしたい方にぴったりの村です。
村に少しでも興味を持ってくださった方、お気軽にご相談ください。

川内村の写真1川内村の写真2

市町村相談窓口

総務課企画政策係
電話:0240-38-2111
Fax:0240-38-2116
E-メール
紹介ページ
移住関連ページ

住まい新築住宅助成金
・助成対象経費は、1件に対し10%とし、3,000,000円を上限とする

新地町

新地町では震災からの復興の中で、『人と自然が共に輝き、笑顔あるれるまちづくり』を目指しています。
火力発電所やLNG基地の立地を中心に、産業の発展と集積が進むとともに、駅周辺の開発による「賑わいと活力を創り出す新たなまちづくり」に取り組んでいます。
豊かな自然、高度なIct教育、利便性の高い交通アクセスなど、快適で住みやすい『新地のくらし』が待っています。

新地町の写真1新地町の写真2

市町村相談窓口企画振興課まちづくり振興係
電話:0244-62-2112
Fax:0244-62-3194
E-メール
紹介ページ
移住関連ページ
しごと、住まい、子育てしんちでくらそう(移住・定住支援のご案内)[PDF/1,753KB]

双葉町

現在、双葉町は東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、帰還困難区域及び避難指示解除準備区域に指定されています。
国内外の皆さまからのたくさんの温かいご支援に感謝申し上げます。

市町村相談窓口復興推進課
電話:0246-84-5203
Fax:0246-84-5212
E-メール
紹介ページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)