ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県南農林事務所 農業振興普及部 > JA東西しらかわ「みりょく満点物語」併設レストラン「山ぼうし」での地元産豚肉の試食会について

JA東西しらかわ「みりょく満点物語」併設レストラン「山ぼうし」での地元産豚肉の試食会について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月3日更新

 トピックス 

JA東西しらかわ「みりょく満点物語」併設レストラン「山ぼうし」で地元産豚肉の試食会が開催されました

 平成28年5月25日(水曜日)に、棚倉町にあるJA東西しらかわ農産物直売所「みりょく満点物語」併設レストラン「山ぼうし」において、当JA西部営農センター管内(矢吹町)で生産された豚肉を使ったメニューの試食会が行われました。

豚肉試食会の様子薄葉組合長のあいさつ
             試食会の様子                    薄葉組合長のあいさつ

 『各機関のご協力を得て、養豚の振興並びに地域の皆さんに美味しい豚肉を提供することができ、非常にうれしい。今後もさらに拡大を図りたい』との薄葉組合長の御挨拶につづき、西部営農センター管内で生産された豚肉を使用したメニュー8品の試食が行われました。シェフからは『この豚肉はやわらかく、味に癖がないため、和・洋・中を問わずにメニューが試作できた。どのメニューもメイン料理として提供できる』とのお墨付きです。試食会に参加した関係団体の代表からも、どのメニューも甲乙付けがたいほどおいしいという声が上がりました。

豚シャブサラダ豚角煮焼豚トンカツ

ローストポーク炒飯青椒肉絲連鍋湯

 現在、当JAの養豚専門部会は西部地区の3名で構成され、生産性の向上とコスト削減に取り組んでおり、今後地元における養豚生産振興に向けて、西部営農センター管内産豚肉のブランド化を推進する予定です。また、新メニューに加え「みりょく満点物語」のブランド豚の精肉・加工肉の販売が検討されています。