ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県南農林事務所 農業振興普及部 > 農作業安全について(熱中症に注意)

農作業安全について(熱中症に注意)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月24日更新

農作業安全について

農作業中の熱中症に注意

農作業中の熱中症は高齢者で多く発症し、特に畑や水田での危険性が高いとされています(農水省調べ)。

農作業中の熱中症による死亡事故件数、年齢別(平成17年~26年)農作業の熱中症による死亡事故件数、場所別(平成17~26年)

農作業中の熱中症を防ぐために、以下の4点に注意しましょう!

こまめな休憩・水分補給 のどが乾いてなくても20分おきに休憩し、毎回コップ1から2杯を目安に水分補給をしましょう高気温の時間帯を避ける なるべく日中の気温の高い時間帯を外して作業を行いましょう。高齢の方は特に注意しましょう

単独作業を避ける 農作業は2人以上で行うか、家族が時々携帯電話に連絡を入れるなど、定期的に異常がないか確認し合いましょう。熱中症予防グッズの活用 防止や吸汗速乾性素材の衣服の着用はもとより、屋内では換気のため送風機やスポットクーラーなどを活用しましょう。

気分が悪くなってしまったら、涼しい環境に避難し、服をゆるめ、腕や脚に水をかけるなどしましょう。

症状がよくならなければ、すぐに病院へ行きましょう。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。