ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県南農林事務所 農業振興普及部 > 家族経営協定の調印式が行われました

家族経営協定の調印式が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月5日更新

家族経営協定の調印式が行われました

 4月28日に白河市「角田輝明・信子ご夫妻」、6月21日に矢祭町「滑川裕之・美恵子さんご夫妻」の家族経営協定の調印式が行われました。今回の協定締結により、県南地方の家族経営協定締結数は100件目となりました。

 角田さんご夫婦におかれましては、平成6年より大型ハウスでのトマト養液栽培を先進的に導入し、消費者ニーズに合わせた安定的な高品質トマトの生産に取り組んでこられました。

白河市・角田さんご夫妻調印白河市・角田さんご夫妻集合写真
       白河市・角田さんご夫妻調印            白河市・角田さんご夫妻集合写真

 滑川さんご夫妻におかれましては、生産条件が不利な中山間地域にあって早くから鉢花生産に取り組まれ、収益性の高い施設花き経営を確立されました。

矢祭町・滑川さんご夫妻調印矢祭町・滑川さんご夫妻集合写真
        矢祭町・滑川さんご夫妻調印           矢祭町・滑川さんご夫妻集合写真

 今回の協定締結を契機にご夫妻の絆がより深まり、より充実した農業経営が展開されることが期待されます。

 当事務所では、今後とも両ご夫妻への支援を継続していくとともに、さらに家族経営協定の締結を推進してまいります。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。