ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県南農林事務所 農業振興普及部 > 秋の交通安全運動・農作業安全運動に係る啓発活動について

秋の交通安全運動・農作業安全運動に係る啓発活動について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月8日更新

秋の交通安全運動・農作業安全運動に係る啓発活動について

 平成28年9月21日(水曜日)、白河市のJA夢みなみ農産物直売所「り菜あん」と棚倉町のJA東西しらかわ農産物直売所「みりょく満点物語棚倉店」において、秋の農作業安全運動・交通安全運動の啓発PR活動が行われました。

り菜あんでの啓発活動みりょく満点物語での啓発活動
      り菜あんでの啓発活動          みりょく満点物語での啓発活動

 秋の農繁期を迎えるこの時期は、農業者の農作業事故の発生が増える傾向にあります。そこで当所は、初めての取組として、秋の全国交通安全運動期間(9月21日~30)の初日、管内の白河・棚倉両警察署及びJA夢みなみ・JA東西しらかわと連携し、反射材や啓発チラシを農産物とともに来客者150~200人に配布し、農業者や一般客に向けて安全意識の向上を呼び掛けました。

 農業者からは「農業機械を動かすにあたり、年をとったことを自覚してますます気を付けなければ」という声があり、また一般客からは「日が暮れるのが早まるこの時期は一層用心して走行した方がよい」という声も聞かれました。

 一般ドライバーの方は、秋の夕暮れ時、見通しの悪い農道などでは特に注意して走行するようにしましょう。

 また、農業者の方は、単独での作業は極力控えるとともに、農耕車に反射材を貼るなどして目立つ工夫をし、事故防止に努めましょう。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。