ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 第一原子力発電所の状況 > 原子力発電所の状況 > 構内排水路から放射性物質を含む雨水等の流出

構内排水路から放射性物質を含む雨水等の流出

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月10日更新

放射性物質を含む雨水等の流出の概要

B・C排水路から港湾内

 平成27年2月22日、福島第一原子力発電所の構内側溝排水放射線モニタで警報が発生し、警報値を超える放射性物質を含む水がB・C排水路から港湾内に流出

K排水路から港湾外

 平成27年2月24日、福島第一原子力発電所2号機原子炉建屋大物搬入口屋上部のたまり水から高い濃度の放射性物質が検出され、降雨時に雨水とともにK排水路から港湾外に流出していたことが判明

県の対応

  • 現地駐在員の状況確認
  • 県から東京電力(株)への申し入れ
  • 海水モニタリング
  • 原子力関係部長会議
  • 廃炉安全監視協議会の立入調査
  • 廃炉安全監視協議会の立入調査を踏まえた措置要求
現地駐在員の状況確認
現地駐在員の状況確認
(平成27年2月22日)
県から東京電力に対する申し入れ
県から東京電力(株)への申し入れ
(平成27年2月22日)
海水モニタリング
海水モニタリング
(平成27年2月25日)
原子力関係部長会議
原子力関係部長会議
(平成27年2月25日)
廃炉安全監視協議会の立入調査
廃炉安全監視協議会の立入調査
(平成27年2月27日)
廃炉安全監視協議会の立入調査を踏まえた措置要求
廃炉安全監視協議会の立入調査を踏まえた措置要求
(平成27年3月3日)

詳細はこちらをご覧ください


トップに戻る