ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 商工業/観光/東京2020大会 > 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた復興推進の取組 > 世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)フラッカリ会長の来県にともなうプレゼンテーション・ミーティングを実施しました

世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)フラッカリ会長の来県にともなうプレゼンテーション・ミーティングを実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月25日更新

世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)フラッカリ会長の来県にともなうプレゼンテーション・ミーティングを実施しました

 平成28年11月19日(土曜日)、世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)のリッカルド・フラッカリ会長らが、2020年東京五輪野球・ソフトボール競技の会場候補となっている県営あづま球場(福島市)と開成山野球場(郡山市)を視察するために来県しました。
 各球場の視察に先立ち、内堀知事は福島市の杉妻会館でフラッカリ会長らと会談し、東京五輪野球・ソフトボール競技の本県開催への想いや会場候補となっている3球場(前述の2球場といわきグリーンスタジアム(いわき市))の概要をプレゼンテーションしました。
 内堀知事はプレゼンテーションの冒頭に、フラッカリ会長の母国語であるイタリア語で「私は、福島県で野球・ソフトボール競技が開催されることを強く希望しております。ぜひ、お力添えください。」とあいさつするなど、東京五輪野球・ソフトボール競技の本県開催をアピールしました。
 会談後、フラッカリ会長らはあづま球場と開成山野球場を視察し、各球場の状況等を確認しました。
 いわきグリーンスタジアムについては、本年7月に世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)主催のU-15(15歳以下)ベースボールワールドカップを開催した実績があり、施設の概要を把握しているため視察は行いませんでした。
 県では、東京五輪野球・ソフトボール競技の本県開催を実現するため、引き続き様々な取組みを進めてまいります。

フラッカリ会長あいさつイタリア語であいさつする知事
左:あいさつするフラッカリ会長。
右:イタリア語であいさつする知事。
知事のあいさつを聞くフラッカリ会長県産農林水産物の安全性を説明する知事
左:知事のイタリア語でのあいさつを聞くフラッカリ会長。
右:県産農林水産物の安全性を説明する知事。
会談後に談笑する知事とフラッカリ会長会談後の記念撮影
左:会談後に談笑する知事とフラッカリ会長。
右:会談後の記念撮影、左端は大会組織委員会 布村副事務総長。


トップに戻る