ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 放射線と除染 > 中間貯蔵施設 > 平成27年度放射性物質安全確認調査結果について

平成27年度放射性物質安全確認調査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月28日更新

 福島県内の放射性物質に汚染され、またはそのおそれのある産業廃棄物処理の安全性を確認し、産業廃棄物処理施設周辺住民の不安を払拭することを目的に、福島県内の産業廃棄物焼却施設の排ガス、産業廃棄物最終処分場の放流水及び産業廃棄物破砕施設の粉じん中の放射能濃度検査を実施しました。
 検査結果について、次のとおり公表します。

調査対象施設及び検査結果

1 産業廃棄物焼却施設及び産業廃棄物最終処分場
  調査対象施設は、福島県内(郡山市及びいわき市を除く。)で稼働しているすべての産業廃棄物焼却施設及び産業廃棄物最終処分場としました。
  検査の結果、すべての施設において、下に示す維持管理基準に適合していました。

 産業廃棄物焼却施設

14施設

検査結果についてはこちら [PDFファイル/109KB]

 産業廃棄物最終処分場

17施設

検査結果についてはこちら [PDFファイル/116KB]

2 産業廃棄物破砕施設
  調査対象施設は、福島県内で稼働している産業廃棄物破砕施設のうち、県が選定したものとしました。

  産業廃棄物破砕施設     8施設   検査結果についてはこちら [PDFファイル/99KB]

排ガス・放流水・粉じん中の放射能濃度基準

 特定産業廃棄物処理施設(特定産業廃棄物(下水汚泥など)を処理する産業廃棄物処理施設など)からの排ガス・放流水・粉じん中の放射能濃度については、次のとおり濃度限度が設定されています。

濃度限度

 放射性セシウムの3ヶ月間の平均濃度について、次の式により算出した値が1を超えないようにすることと定められています。
 なお、粉じんについては、空気中の放射能濃度と考え、排ガス中の濃度限度の値を目安としています。

排ガスの場合

排ガス基準

放流水の場合

放流水基準

粉じんの場合

 排ガス基準

※ この濃度基準は、同一人が0歳児から70歳になるまでの間、この濃度の放射性物質を含む空気を(水を)摂取し続けたとしても、被ばく線量が一般公衆の許容値(年間1ミリシーベルト)以下となる濃度として設定されたものです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る