ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 商工業/観光/東京2020大会 > 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた復興推進の取組 > 「ふくしま障がい者スポーツチャレンジ2016」を開催しました。

「ふくしま障がい者スポーツチャレンジ2016」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月20日更新

「ふくしま障がい者スポーツチャレンジ2016」を開催しました。

 平成28年9月19日(月・祝)、福島市の県営あづま総合体育館サブアリーナで「ふくしま障がい者スポーツチャレンジ2016」を開催しました。
 車いすバスケットボールやボッチャ等の障がい者スポーツ体験と障がい者スポーツに関する情報発信展示を行い、大人から子どもまで約170名が参加しました。
 福島県と(公財)福島県障がい者スポーツ協会では、今後も、県民の皆さまに障がい者スポーツに触れる機会を積極的に提供してまいります。

陸上競技(スラローム)の体験の様子。ボッチャ車いすバスケの体験の様子。
(左)陸上競技のスラロームを体験する参加者。後進しながら旗門を通過します。
(中)ボッチャを体験する参加者。障がいにより玉を投げることがむずかしい場合は「ランプ」という投球器具を使うことも認められています。
(右)車いすバスケットボールを体験する参加者。県内で活動している「チーム・アース」の選手を講師に、ゲーム形式での体験を楽しみました。

車いす卓球の体験の様子。障がい者スポーツに関するパネル展示。ハンドバイクの体験の様子。
(左)車いす卓球を体験する参加者。奥の台では、視覚障がい者が行うサウンドテーブルテニスを体験しました。
(中)障がい者スポーツに関するパネル展示。様々な競技の説明パネルを展示しました。
(右)ハンドバイクの体験をする参加者。大人から子どもまで大人気でした。

「ふくしま障がい者スポーツチャレンジ2016」を開催します。

 福島県と(公財)福島県障がい者スポーツ協会は、県民の皆さんに障がい者スポーツに親しむ機会を提供し、障がい者の福祉の増進と共生社会の実現に寄与すると共に、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた県内機運の醸成を図るため、「ふくしま障がい者スポーツチャレンジ2016」を下記のとおり開催いたします。
 皆さまのご来場を、心からお待ちしております。
                   記
1 日時、場所
 (1)日時:平成28年9月19日(月・祝) 10時00分~16時00分
 (2)場所:あづま総合体育館サブアリーナ(福島県福島市佐原字神事場1番地)

2 対象者、参加料
 (1)対象者:指定無し(障がいの有無を問わない)
 (2)参加料:無料

3 イベント概要
 (1)障がい者スポーツ体験
  ・競技体験(4競技)
   車いすバスケットボール、スラローム(陸上)、ボッチャ、車椅子卓球
 (2)障がい者スポーツに関する情報発信展示
  ・義足、ウェルチェアラグビー用具の展示
  ・障がい者スポーツに関する映像資料放映
  ・障がい者スポーツに関するパネル展示
  ・ロンドンオリンピック・パラリンピックレガシーに関するパネル展示

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る