ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 放射線と除染 > 中間貯蔵施設 > 福島県廃棄物処理アドバイザー派遣事業について

福島県廃棄物処理アドバイザー派遣事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月2日更新

福島県廃棄物処理アドバイザー派遣の目的

 放射性物質に汚染され、またはそのおそれがある廃棄物(以下「汚染廃棄物」といいます。)の処理が滞り、県内の市町村や排出事業者の大きな処理負担となっています。また、本県の環境回復を図る観点からも汚染廃棄物処理を早急に進める必要があります。

 このため、汚染廃棄物の処理について、正しい知識の普及を図り、住民理解を促進する目的で、市町村等または各種団体等が主催する説明会、講演会、講習会及び研修会等へ講師・アドバイザーとして専門家を派遣します。

アドバイザーについて

 廃棄物処理、放射線防護、放射線医学等の専門家をアドバイザーとして派遣します。なお、アドバイザーについては、講演希望内容をもとに選定し、登録することとしております。

派遣の対象

 県内の市町村または各種団体等が主催し、参加者が概ね20人以上の汚染廃棄物処理に係る説明会等。ただし、政治活動、宗教の布教及び営利を目的とする説明会等には派遣しません。

費用等

 アドバイザーへの謝金及び派遣に要する旅費は県が負担します。

 会場の使用料(機器使用料含む)、その他の費用は主催者の負担とします。

申し込み方法

 申し込期限:開催希望日の60日前まで

 申し込方法:県中間貯蔵施設等対策室あてに所定の申請書にて提出

 審査の結果:事務局が申請書の内容を審査し、結果をお知らせします。

 受付時期 :平成30年4月2日~

福島県廃棄物処理アドバイザー派遣事業実施要領PDF Word
福島県廃棄物処理アドバイザー派遣申請書(第1号様式)PDF Word
福島県廃棄物処理アドバイザー派遣実績報告書(第2号様式)PDF Word

その他

(1)説明会等に必要となる映像機器(パソコン、プロジェクター、スクリーン等)及び説明会等の資料については主催者でご用意をお願いします。

(2)説明会等の運営(会場の選定、設営、開催の広報、参加者の取りまとめ、司会進行等)については、主催者側でお願いいたします。

(3)主催者は説明会等の終了後30日以内に実施報告書を提出していただきます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る