ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 避難区域の状況・被災者支援 > 避難者・被災者支援の取組・情報 > 東日本大震災に係る福島県借上げ住宅の供与期間の延長について

東日本大震災に係る福島県借上げ住宅の供与期間の延長について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

下記の町村・区域からの避難者に対する本県借上げ住宅の供与期間を令和3年3月31日まで延長することを決定しました。

対象市町村・区域(2町)

 大熊町、双葉町の全域

 ※ただし、以下の4町村において、公共事業の工期等の関係で令和2年3月末までに住居確保ができない特別の事情がある場合、対象者を特定して令和3年3月末まで延長します(特定延長)。 

富岡町、浪江町の全域
葛尾村、飯舘村の帰還困難区域

東日本大震災に係る応急仮設住宅の供与期間の延長についてはこちら

供与期間が延長となる方

供与期間が延長となった現在お住まいの借上げ住宅については、令和2年3月31日までの定期借家契約となっており、再契約の手続きが必要となります。

令和2年4月1日以降も引き続き入居を希望される場合は、必ず再契約の手続きを行ってください。

供与期間が終了となる方

現在お住まいの住宅については、令和2年3月31日までに退去してください。 転居又は一般契約への切り替え等の有無にかかわらず、必ず「仮設住宅等使用終了届」を被災元の市町村にご提出ください。なお、転居される際には後でトラブルにならないよう貸主様や仲介業者様と必ず立ち会いをしていただき、費用負担の確認をしていただきますようお願い申しあげます。

令和2年4月1日以降も引き続き現在お住まいの住宅に入居を希望される場合は、賃料等を入居者様に負担いただく個人契約への切替えが必要となりますので、貸主様等とご相談ください。


トップに戻る