ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 避難区域の状況・被災者支援 > 避難指示区域の状況

避難指示区域の状況


避難区域の変遷について

避難地域12市町村の詳細

1.田村(たむら)市2.南相馬(みなみそうま)市3.川俣(かわまた)町4.広野(ひろの)町5.楢葉(ならは)町6.富岡(とみおか)町7.川内(かわうち)村8.大熊(おおくま)町9.双葉(ふたば)町10.浪江(なみえ)町11.葛尾(かつらお)村12.飯舘(いいたて)村

避難指示区域のイメージ(令和4(2022)年8月30日時点)*図をクリックすると拡大します

避難指示区域図

【区域区分】

帰還困難区域を色で示した画像 帰還困難区域
 放射線量が非常に高いレベルにあることから、バリケードなど物理的な防護措置を実施し、避難を求めている区域。

◎避難指示区域の概念図(令和4年3月31日時点)(PDF形式)[[経済産業省HP]

◎避難指示解除の要件について(平成30年12月(PDF形式)[経済産業省HP]

◎双葉町における避難指示の解除について(令和4年7月26日公表)[経済産業省HP]

◎特定復興再生拠点 申請・認定状況:双葉町、大熊町、浪江町、富岡町、飯舘村、葛尾村 [復興庁HP]


特定復興再生拠点について

福島復興再生特別措置法の改正(H29.5)により、将来にわたって居住を制限するとされてきた帰還困難区域内に、避難指示を解除し、居住を可能とする「特定復興再生拠点区域」を定めることが可能となりました。
 富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村の6町村で計画が作成され、令和4年春頃から令和5年春頃の避難指示解除に向け、除染やインフラ整備などが進められています。

特定復興再生拠点復興再生計画[復興庁HP]

避難指示区域内における主な活動について*表をクリックすると拡大します

避難指示区域図

活動についての詳細はリンク先「避難指示区域内における活動について」を御覧ください。

「避難指示区域内における活動について」[経済産業省HP]

記事一覧


トップに戻る