ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 商工業/観光/東京2020大会 > Jヴィレッジ復興プロジェクト

Jヴィレッジ復興プロジェクト


 

Jヴィレッジ復興プロジェクト

 

  • 1997年当時のJヴィレッジ-画像

    Jヴィレッジについて
     Jヴィレッジは、1997年に日本初のサッカー・ナショナルトレーニングセンターとしてオープンしました。 以来、累計688万人、12,796チームの方に御利用いただき、スポーツ振興・地域活性化の拠点として歩んできましたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災と、それに伴う原発事故の影響により、今もなお全面休止しています。

  • Jヴィレッジ復興・再整備計画

    Jヴィレッジ復興・再整備計画
    震災後、原発事故の前線基地となってしまったサッカーナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」(楢葉町・広野町)。このJヴィレッジを、再び緑のグラウンドに戻し、人々が集いスポーツの喜びを分かち合う場所として再生するプロジェクトです。

記事一覧


トップに戻る