ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > リスクコミュニケーション

リスクコミュニケーション


キビタンが本を片手で開き読んでいるような画像

概要

 風評・風化対策に向けた土台の取組として、国・市町村等と連携を図りながら、正確な情報と放射線に関する知識を併せて伝えることにより、「放射線に関する不安の解消(=風評の払拭)」に取り組んでいます。

  • 県内の放射線状況の画像

    県内の放射線状況
     福島県では、環境放射線の各種測定を行っており、その結果を「福島県放射能測定マップ」でお知らせしています。 「福島県放射能測定マップ」は、測定の都度、情報を更新しています。(モニタリングポストやリアルタイム線量計による測定結果は毎日更新しています。

  • 飲料水の画像

    飲料水
     飲料水に対する県民の安全・安心を確保するため、県内の飲料水(水道水・飲用井戸水等)を対象としたモニタリング検査を実施しています。

  • 農林水産物の画像

    農林水産物
     安全な農林水産物を提供するため、福島県がモニタリング検査を実施するほか、産地においても、米の全量全袋検査など自主検査を実施しています。

  • 家庭で育てた野菜等の自主検査の画像

    家庭で育てた野菜等の自主検査
     放射能簡易分析装置を全市町村の公民館や集会所など住民に身近な場所に計500台以上設置しています。

  • 加工食品の整備画像

    加工食品
     福島県では、平成23年10月から市場等に流通・販売される加工食品の放射性物質検査を実施しています。 また、食品関連事業者の方に対して、加工食品を出荷・販売する前に自主的な検査を実施するよう助言、指導を行っています。

  • 県民健康調査の画像

    県民健康調査
     福島県では、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故による放射性物質の拡散や避難等を踏まえ、将来にわたる福島県民の健康の維持、増進を図ることを目的として「県民健康調査」を実施しています。


トップに戻る